jardin nostalgique jardin nostalgique 2019/09/05

花屋さん同士でお勉強会!

こんにちは!jardin nostalgiqueの青江です。
9月になり、少し気温も落ち着いてきましたね。

jardin nostalgiqueは8月20日から夏期休暇をいただいておりまして、
お店には立っていないのですが、
その期間に毎年恒例のオリジナルカレンダーに必要な画像をピックアップしたり、
経理をまとめてみたりと、秋からの準備もしています。

そんな中、先日までは北海道へ行ってきましたが、
広大な自然から、今後のインスピレーションになるものがたくさん!

釧路の神の子池の透明感に静かな力を感じたり。。。


美幌峠の広大な風景にも圧倒されたり。。。
この旅では自然のパワーを感じることが多かったです。
いつか、旅の成果を活かした作品を提案できるかなと思います。

さて、今日のコラムは夏期休暇初日に開催した
花屋さん同士での勉強会についてです。

日ごろから交流させていただいている、
島根県松江市のキュートなお花屋Lamparfe(ランパルフェ)さん
戸越銀座のジャンクでかっこいいムロマメ舎さん、
市場の仲卸で働きながら花道家として活動する久保島氏とで集まって、
みんなでそれぞれのスタイルでの作品作りを披露しあって、
その後、得たことを活かして好きな作品を作るという、
楽しく、実りの多い時間でした。

日ごろ自分のお店の中だけで仕事している時には気付けない
花との向き合い方、
束ね方などの作法の違い、
商品への考え方、
などなど。。。みんな独自の確固たるスタイルがあって、
どれも違って、どれも魅力的。

感じたことは、
何が正しい、間違いなどはなくて、
違いから生まれてる魅力があって、
自分にとって、とても新しくて面白かった!ということです。

なかなかこうして勉強の機会を作ることは日ごろの勤務中は難しく、
個々のスタイルから出られなかったり、
お店をより良くするためにしたら良いことに気づくこともできなかったりしますが、
こうして尊敬する皆様とともに花と向き合えたことで
半日とは思えないほどの収穫になったのでした。
秋からのjardin nostalgiqueの営業において、さっそく取り入れたいな!という
アイデアもたくさんいただきましたよ!

話をもちかけてくれたLamparfeさん、
参加してくれたムロマメ舎さん、久保島氏、
みんなに感謝!

読んでくださった皆様、
素敵なお友達フローリストのお店もぜひ、のぞいてみてくださいね!!


デモンストレーションの一番手を率先して引き受けてくれた
ムロマメ舎さん。
スピーディーでオリジナルなブーケ、
自分にとっては一つのアートを眺めているような感覚でした!



続いてタカさん。
身近に働いていても、まじまじ見るのは久しぶり(笑)!
タカさんのブーケもオープン以来変化もありつつ、
でもやっぱり、タカさんらしいブーケだなーと思いました。



そして、Lamparfeさん。
丁寧でやはりスピーディーなお花の扱いと素敵な花選び、
お客様が飾る時のことも考えた作成に
目からうろこなのでした。
背後にLamparfeスタッフのモッティー。
余すことなく見たい!という熱意!素晴らしい!!

次は自分だったのですが(笑)、自分故に写真がなく、すいません。


最後に久保島氏による投げ入れ。
後ろ姿が似ていると市場でもよく言われますが、写真は青江ではありません(笑)
生け花の心得のない自分にとってはなにもかも新鮮でした!
いろいろ真似したい技術満載のショーでした!




最後はみんなで入り乱れて、
気付きを活かしたブーケ作成!

「らしさ」を少し抑えると
「あたらしさ」がはいってくる。
どっちも大事って思った瞬間。
何より、花って楽しい!と思った瞬間!!



で、実のところの本当の最後は
その日の晩餐だったりする(笑)。

日ごろのことをいろいろ話して、
この時間も花を束ねる時間以上に収穫がいっぱいでした!!

また冬にやろうと約束して。
楽しかったなー!!


9月のお休みのイベントはオーストラリア。
最近気になるネイティブフラワーをたくさん見て来たいなと思っています。
実はもう明日の早朝には出発で、
今からパッキングなのであります。

また次回、いろいろご報告できますように。。。
ご覧いただきありがとうございました!

 
  • すてき 0
  • クリップ
  • 埋め込み

この記事をシェアするには埋め込みコードをコピーしてSNSやブログに貼り付けてください。

この記事のライター

jardin nostalgique
jardin nostalgique

ジャルダン ノスタルジック、2012年にオープンした東京・神楽坂にあるフローリストの青江、フローリスト/パティシエの加藤が経営する花店。おもちゃ箱をひっくりかえしたような、懐かしくてわくわくするお店づくりをコンセプトにした店内には、青江・加藤が選んだ季節の花とともに、焼き菓子、ハーブティーや花器、フランスのブロカントなどの雑貨が所狭しと並んでいる。土日の15時からは店内の一角でカフェも営業中。

直近の記事