hiromi hiromi 15ヶ月前

『お花のある暮らし vol.7 ~コロナ支援と近況』

こんにちは。hiromiです。
久しぶりの更新になります。コロナの影響を特に受けたこの2ヶ月間、作り手として「何か出来ることはないか。」と考えて微力ではありますが、様々な形で支援したり、自分へ友人へお花を贈ったりしていました。厳しく、苦しい状況下でもお花がそばにあると少しでも癒される。まだまだ厳しい状況ではありますが、少しでも多くの方に「お花のある暮らし」を楽しんで頂けたらと思います。
 
●生産者さん支援
行き場を失くしたお花を救いたい。一生懸命に育てた生産者さんを救いたい。
友人から教えてもらったFBのコロナ支援プロジェクトにて栃木県の「ひまわり」生産者さんから「ひまわり」30本を購入しました。産地直送だけあって、とても生き生きした素晴らしい「ひまわり」。到着したのは5月ですが、季節先取りに「ひまわり」を飾るのも、ビタミンカラーの黄色にも元気をもらえました。


 
●お花屋さん支援(実店舗)
休業中のお花屋さんが多い中、自宅から徒歩20分ほどの隣駅のお花屋さんは営業時間短縮で営業をしていました。週に一度、運動がてらお花を買いに行き、お花と戯れる時間を作っていました。あまり利用したことのないお花屋さんでしたが、私の好きな枝ものや草花系も入荷していて、今回新たな発見をすることが出来ました。


 


●お花屋さん支援(ネット)
たくさんの種類や量を買いたい時はネット注文を利用しました。
カートに入れ過ぎてあとで削除もしばしば。(笑)。ついつい買い過ぎてしまったりもしますが、それも支援!手に入りにくい花材もあるのでよく利用しています。


 
●元気をなくしてしまった友人へ
様々な状況で元気をなくしてしまった友人へ言葉ではない励ましをしたくてサプライズでブーケを贈りました。元気のでるビタミンカラーの黄色やオレンジも考えましたが、友人の好きな色は赤系。「癒す」ことをテーマに「香り」を重視した華やかなブーケを作りました。
香りはバラ・イブピヴァッチェ、バラ・リベルラ、ライラックを使用。


 
●鈴木浩仁さんのカーネーション
バラを使ったアレンジのフォトコンにて入賞を頂き、副賞として頂いた鈴木浩仁さんのカーネーションを使用してアーリーサマーブーケとテーブルリースを作りました。生産者さんの思いが込められた素敵なカーネーションを存分に楽しませて頂きました。







 
●知人から
ダイニングテーブルにお花を飾りたい。・・・。と連絡を頂き、ミントやモルダナのハーブ系を使用した爽やかなブーケを作りました。「お花のある暮らし」を楽しむきっかけになれば嬉しいですね。
ミニブーケやミニアレンジ、一輪挿しなど小さくても少なくても空間が華やぎ気持ちが明かるくなりますから。


 
そして、2ヶ月ぶりにレッスンの再開。
愛情を注がれて育てられたお花たち。
たくさんのお花から花材を選ぶのはやはり楽しい。
旬のスモークツリーを使ってアンティーク調の花器に草花系のアレンジを。
ビビッドなジニアやダークなセダム・チョコレートといったカラーのミックスを楽しんでみました。


 
今週末のブーケクラスのレッスンではハーブを使ったブーケを束ねます。
大好きなテーマ。とても楽しみです。
 
まだまだ不安な状況下ではありますが、皆様もどうぞご自愛くださいませ。
 
最後までお読み頂きありがとうございました。
 
text & photo by hiromi
  • すてき 0
  • クリップ
  • 埋め込み

この記事をシェアするには埋め込みコードをコピーしてSNSやブログに貼り付けてください。

この記事のライター

hiromi
hiromi

レコード会社勤務の傍ら、5年間のフラワースクールを経てフラワーデザイナーの資格を得る。現在も同スクールのデザイナークラスとブーケクラスにてスキルを磨いている。植物に特化した写真投稿サイトにて20,000を超えるフォロワーを持つ。「お花のある暮らし」の素晴らしさを微力ながら伝えていきたい。

直近の記事