shion shion 2022/02/11

福井の伝統工芸、越前和紙で作るお花

おはようございます、1児のママをしながら、フラワーフォトグラファー/ライターをしているshionです。

昨年より(株)JOUROのライターをしていて、
花卉業界に携わる方々を独自でインタビューしております。

今回は、日本和紙クラフト協会、代表を務める五十嵐様にお話しを伺いました。

ご自身の生花店を営みながら、福井の伝統工芸「越前和紙」の良さを広めるべく、尽力されている五十嵐さん。
前編では、越前和紙でお花を作るきっかけや、日本和紙クラフト協会の活動内容について、伺いました。
後編では、越前和紙の魅力について、深堀り。さらに、越前和紙のリラックス効果とはどのようなものか?
初心者の私が、越前和紙でバラ作りに挑戦。そこで体感したことも、併せてお伝えします。


※外部サイトにつながります
▶前編
▶後編
  • すてき 0
  • クリップ
  • 埋め込み

この記事をシェアするには埋め込みコードをコピーしてSNSやブログに貼り付けてください。

この記事のライター

shion
shion

学生時代、華道部(草月流)に所属していたことがきっかけで、お花に魅了されました。現在は1児のママをしながら、フラワーフォトグラファー/ライターとして活動中です。こちらの植物生活様でも執筆させて頂いてます。実績は、商品写真納品や、花関係の執筆と取材、登壇など。大きな目標は、日本の花文化の定着です。
お花初心者の方に寄り添えるような、生活に馴染む花生けを日々発信していきたいと思います。

花の執筆
花の撮影
花で作品を作る

これらで皆様のお役に立てれば光栄です。

直近の記事