花福 こざる 花福 こざる 64ヶ月前

マンガと写真でゆる〜く楽しむ、おもしろ植物図鑑 [04]

おもしろ植物図鑑04 スイセン


ヒガンバナ科の球根性多年草です。
冬から春にかけて花が咲き、
夏に地上部が枯れます。
ラッパズイセン、八重咲きなど
たくさんの園芸種があり、
香りの良いものも多いです。
秋植えの球根や年末から早春にかけての切り花、
鉢植えなど数多く出回っています。
特に正月用の花材にニホンズイセンは大人気で欠かせません。
 
タネはできにくく、発芽までに時間がかかるので
球根で分球して増やすのが一般的です。
日本では鎌倉時代頃から文献に登場していて、
古 くからいけばなや茶花に使われてきました。
暖地の海岸付近に群生していることが多く、
福井県の越前海岸など日本各地に名所があります。
 
春を告げる花としてヨーロッパでも大変人気 があり、
ウェールズの国章にも使われています。
ちなみにヨーロッパでスイセンといえば主にラッパズイセンを指します。
ワーズワースの詩「水仙」もラッパズイセンですよね。
 
学名の「Narcissus(ナルキサス)」は
ギリシャ神話から由来しています (マンガ参照)。 







 
text & photo 『おもしろ植物図鑑』
 
書いた人
名前:花福こざる kozaru hanafuku
プロフィール:花屋兼マンガ家兼時々イラストレーター。旦那様と二人で花屋を営む。12年目。お花屋さんが描くオモシロ草花マンガ「おもしろ植物図鑑」発売中!月刊フローリストで「フローリストこざる」連載中。
http://ameblo.jp/hanafukukozaru/

もっとこの植物図鑑を読みたい!という人は


マンガと写真でゆる~く楽しむ、草花の魅力『おもしろ植物図鑑』
道端に、公園に、庭に、普段は気にすることもない雑草たち。
花壇や街路に整備されているけれど、名も知らない花や木たち。
そんな彼らは何食わぬ顔して、実はものすごい秘密と不思議を秘めているのです。
たとえば、釣鐘のような形の花は、どうしてそんな形をしているのか?
それは来てほしい虫だけにフィットするように変形した結果だったり。
春になれば青い小さな花を咲かせる雑草、ツユクサは、
実は偽りの看板で昆虫を引き寄せる稀代の詐欺師でありまして……。
そのほか、名前に込められたストーリーや季節ごとの変化などなど
見慣れた植物たちの真実の姿を、
「楽しく読みやすいマンガ」と「写真」でサクサク、どんどん!読めちゃう本です。
知れば知るほど植物が愛おしくなり、
毎日の通勤・通学の世界の色も変わってくるはず。
ちょっと知るだけで、こんなに楽しい! こんなに納得! 植物ってスゴイ!!!
著者名: 花福こざる ISBN: 978-4-416-61532-4
 224ページ 定価:本体1,400 円+税

  • すてき 0
  • クリップ
  • 埋め込み

この記事をシェアするには埋め込みコードをコピーしてSNSやブログに貼り付けてください。

この記事のライター

花福 こざる
花福 こざる

花屋兼マンガ家兼時々イラストレーター。旦那様と二人で花屋を営む。12年目。お花屋さんが描くオモシロ草花マンガ「おもしろ植物図鑑」発売中!月刊フローリストで「フローリストこざる」連載中。

直近の記事