吉原 大五郎 吉原 大五郎 48ヶ月前

花屋利平 ②

利平って名前

利平という名前を聞いて「お茶屋さん」とか「和菓子屋さん」に間違われる事が多い。
名字が花屋「ハナヤ」だと勘違いされる事も多い。
なかには「りきゅうさんですか?」っと言われる事もある。リキュウ・リヘイちょっと似てるけど(-。-)y-゜゜゜
また、利平ってご主人のお名前ですか?とも聞かれる事も多い…(イヤァどんだけオシャレな名前w)と心の中で毎回思う。
開店して9年経つが未だにご主人が利平さんですか?って言われる。今度聞かれたらもう諦めて「そうです!」と言う事に決めたw
さて、その花屋らしからぬ「利平」とは父方の実家の屋号。覚えやすくて一度聞いたら忘れない名前にしたいと言うことですぐ決めた。うちの本家に「りへい」の字を教えてもらいに行った。そしたら「利平」って。前に戸籍謄本で見たときに確か「理兵衛」だった気がしたけどと念を押したが「利平」だって。
そのまま確かめもせず早8年。衝撃の事実が!
 
「理兵衛」だった!
 
ご先祖が知りたくて改めて戸籍謄本を手に入れペラペラッと。
なぬ!字が違う!やられたwと思いましたよそりゃ。
一番最後に「吉原理兵衛」って。ご先祖の名前が!
今更変える事も出来ないのでこのまま「利平」で通す(笑)
しかもリヘイじゃなくリヘエが正しいという。。。。
 
なんで利平(正確にはリヘエ)に決めたのか?それは父を含めご先祖がずっと見守っていてくれるだろうという願も込めて。
だとしたら、もっとしっかりしなさい!と怒られるだろうね。
字も違ってるしm(__)m

Sansevieria pinguicula

非常に成長が遅く希少価値が高い。サンスベリアの女王と呼ばれとても美しい種類。
 
書いた人
吉原大五郎
1977年新潟県生まれ。身長178センチ、足の大きさ27センチ。16歳よりフラワーデザインを学ぶ。その後、生花店勤務。2009年に独立し高級フラワーギフトの専門店として長岡市で「花屋利平」を開業。独創的なデザインと美しい色合わせの人気店となる・・・(はずw)。現在の活動はブライダルブーケや店舗の装飾・出張レッスンなど。趣味は洋蘭栽培。日本リカステ協会幹事。花屋利平(はなやりへい)
http://www.ri-hey.com/

  • すてき 0
  • クリップ
  • 埋め込み

この記事をシェアするには埋め込みコードをコピーしてSNSやブログに貼り付けてください。

この記事のライター

吉原 大五郎
吉原 大五郎

1977年新潟県生まれ。身長178センチ、足の大きさ27センチ。16歳よりフラワーデザインを学ぶ。その後、生花店勤務。2009年に独立し高級フラワーギフトの専門店として長岡市で「花屋利平」を開業。独創的なデザインと美しい色合わせの人気店となる・・・(はずw)。現在の活動はブライダルブーケや店舗の装飾・出張レッスンなど。趣味は洋蘭栽培。日本リカステ協会幹事。花屋利平(はなやりへい)

直近の記事