小槙 有紀子 小槙 有紀子 27ヶ月前

Wedding Bouquet 01 -個性的な花合せ-


こんにちは!
iconicflower・komakiです。
第2回目のコラムは
Wedding Bouquet  のことについて
ほんの少し
書かせて頂く事にしました。
 
ブーケは、フラワーギフトと違って
「花嫁が持ち歩く」お花です。
流行の花あわせ、
ドレスや花嫁のお好み、体型など
考慮する要素がとても多いので
必然的に、
フルオーダーのデザインになります。
花嫁が持つ時間の開花具合や
持って歩いたときの揺れ方なども考えると、
制作のたびに緊張します。
 
写真は、
シックで複雑な色合わせが
大好きな花嫁にお作りしたブーケです。
色と色をつなぐ存在のお花を
間にたくさん入れて

一言で何色
 
と言えないような
クラッチブーケをお作りしました。
 

オフホワイトの
シンプルなドレスのためのブーケですので
写真より実際の見た目は
明るい雰囲気になります。
 
・・・・・・・・・・・・・・
季節ごとに移ろう
美しい花々に触れていると
お客様のご要望の範囲内で
より素敵になる
新しい花合わせ
新しいスタイルを探りたい♩
という衝動に駆られます。
 
機会があれば、
「綺麗」と「気持ち悪い」の
ギリギリのところなんじゃないか..
という花合わせにも
チャレンジしたくなります。
 
こちらはお任せいただいた
ファッションショーの為のブーケ
私としては
無骨な形が気に入っています。

モードなデザインのドレスでしたので
お似合いだったと思います。

色々試して見ると、より綺麗になるかも


ウェディングブーケは
オートクチュールのような
ものですから

無難な花合わせや
ワンパターンのスタイルではなく
都度、色々と試して
より美しいスタイルを
見つけていきたいと思います。
 
 

"iconicflower"のLINE@
をはじめました!
Lineでも、お気軽にご連絡いただけます。​
下記のリンクから「友だち追加」してみてくださいね。
(携帯電話でご覧の方)
https://line.me/R/ti/p/%40xht7552k

iconicflower
 
 
書いた人
小槙 有紀子
東京のデパートやホテル、レストランをフィールドに、「装花」という仕事をしています。
都会的な空間にあわせた、エレガントで印象的なフラワーデコレーションを得意としています。

1997年- ホテル内の生花店に就職。クリスマスデコレーション・ウェディングフラワーなどのデザイン企画を担当。
2004年- 宝飾時計や化粧品、ファッション業界の展示会装花を中心に活動。
2013年- アイコニックボックス株式会社を設立。屋号を「iconicflower」として活動を開始。
https://www.iconicflower.com/
https://www.facebook.com/Iconicflower/
https://www.instagram.com/iconicflower/

  • すてき 0
  • クリップ
  • 埋め込み

この記事をシェアするには埋め込みコードをコピーしてSNSやブログに貼り付けてください。

この記事のライター

小槙 有紀子
小槙 有紀子

東京のデパートやホテル、レストランをフィールドに、「装花」という仕事をしています。
都会的な空間にあわせた、エレガントで印象的なフラワーデコレーションを得意としています。
1997年- ホテル内の生花店に就職。クリスマスデコレーション・ウェディングフラワーなどのデザイン企画を担当。
2004年- 宝飾時計や化粧品、ファッション業界の展示会装花を中心に活動。
2013年- アイコニックボックス株式会社を設立。屋号を「iconicflower」として活動を開始。

直近の記事