高島 美夕紀 高島 美夕紀 21ヶ月前

はじめまして。 LUVONICAL flower worksの高島です。


 
はじめまして。
LUVONICAL flower worksの高島です。
 
今日からコチラでコラムを始めさせていただくことになりました。
 
まずはお店の紹介をしたいと思います。
『LUVONICAL flower works 』ーラボニカル フラワーワークスー
 
大阪の南堀江の端っこでひっそりとお店を構えています。
 
2015年4月下旬にこの地でアトリエを構え、ブライダルのお仕事をメインに始動しました。
そして9月にshopとして新たにopen。
あれから約2年経ち、現在はshopから数歩の距離にアトリエと、自分たちは『lab;ラボ』と呼ぶ基地をつくりました。
 
画像はlabで撮影したもの。
 
今回コラムを書かせていただく事になり、まずは自己紹介だな。と思って今までの事を振り返ってみると・・・
じわわわわ。。。と色んな想いが溢れてきて。
 
片付けをはじめたらアルバムを開いてしまって、片付かない。
そんな感じになってしまいました。
 
文章を書くのはとても苦手で、実はお話をいただいたのが5月の事。
今日まで3ヶ月も経ってしまいました。
 
そんな私なので、更新も不定期になってしまいますが。。。
お花の事。
お花やさんという仕事のこと。
プライベートの事なんかもたまにはすこ~し。
 
マイペースな更新になりますが、お付き合いいただければ幸いです^^
 
                                    
 
画像のお花は、いつもとってもお世話になっている方からのご依頼でおつくりした’おっきなおっきな’花束。
 
奥様にたくさんのありがとうを込めて
特大の花束を束ねて欲しいと。
 
そんな想いのこもったご依頼でした。
 
お花の仕事は、人の想いをお花にのせてお届けするお仕事なので
この日もとても幸せなキモチにさせていただきました***
 
自分の手のひらに、指に、もっと大きくて長ければもっとおっきな花束を束ねられたのに・・・
と負けず嫌いの性格がひょっこり顔を出した1日でもありました。
でも技術を磨けばきっと束ねられますね^^;
 
頑張ります***
 
書いた人
高島 美夕紀
 
 
植物生活編集部より
高島さんの「LUVONICAL」を訪れた記事はこちら
→ LOVE&BOTANICAL。略してLUVONICAL [大阪]

  • すてき 0
  • クリップ
  • 埋め込み

この記事をシェアするには埋め込みコードをコピーしてSNSやブログに貼り付けてください。

この記事のライター

高島 美夕紀
高島 美夕紀

相手を大切に想い
その想いを相手に届ける。
私たちはその想いを「カタチ」にする。
素晴らしい「空間」と「時間」 を
創造するお手伝い。
そのうえで私たちが大事にするもの。
それはシンプルで普遍的な素晴らしい感情と
人間と同じ、生きている植物に関わる責任。
LOVE & BOTANICAL
その大事な気持ちを持ち続けるために。
私たちの理念そのままに名付けた
- LUVONICAL -

直近の記事