新井 順子 新井 順子 26ヶ月前

花束で秋を感じる!


こんにちわ。桜新町の小さな花屋プチタプチ新井です!
お店もなが~~~~い夏休みから復活しました。わが店は10日間の夏休み。フランスではどんなパリコレなどのファッションウイークが終わりアフターブーケの仕事が終わると徐々にひと月のお休みに入っていきます。羨ましい・・・・・そう思うと10日は長いようで短い・・・しかしいろんなことが怖くてそれ以上休めない(笑)

市場はすっかり秋でした


そんな休み明けから市場へ出向くと、
あたりがずいぶん秋になっていました。
コスモスや吾亦紅、紅葉したパニカムにオミナエシ。
そんな秋の風をうけてゆらゆらとゆれる花たちもいれば、たくましいぐらい花を付けたリンドウや大輪に咲き誇るダリア。
いずれも私にとって大好物なお花たち。
薔薇も秋になると茶系の渋色が揃ってくるものです。不思議!
プチタプチではそんな季節の花をたっぷりと使った「12ヶ月の花レッスン」を開催しています。
そのカリキュラムはほとんどが花束(ブケー)です。アレンジメント(コンポジション)は1年で2回ぐらい・・・。
あと季節に応じてリースを作っていただいております。
わたしが、花束を作るのがすき。
だからレッスンで花束が多くなるのは必然でありまして・・・笑
最初は四苦八苦していた生徒さんたちも、すっかり花束の魅力を理解して、上手に作ってくれています。
それは私にとって嬉しいことです。
花束は資材も使わず「手のひらで作るアレンジメント」だと思っています。
お花を届けて気持ちを伝えたいときに、そこにある季節の花で花束を束ねて贈る。
一番シンプルでストレートなことでしょ?
もちろんただただ束ねるだけでも花束だけど(それも勿論素敵)
そこに少しだけ知識やテクニックがあれば、バリエーションや表現したいことが広がる。それをお伝えしたいといつも思っています。
 

まだまだ暑い毎日だけど、
 
そんなときに、秋の気配を忍ばせた花束を贈るの、素敵です。
夏の初めは爽やかなライムグリーンのグラミネをたっぷり入れてた花束や白い花をたっぷり使った花束がお似合いだけど
いまはこれからくる季節を感じさせる花を選んで贈ってくださいね。
 
**************
プチタプチの12ヶ月のレッスンは単発で受講できます。
おかげさまでたくさんの生徒さんに受講していただいておりまして、混み合っておりますが。。。
ご興味ある方はぜひお問い合わせくださいね。
告知はフェイスブックとインスタグラムで。HPにリンクがあります!
プチタプチHP
 
 
 
書いた人
新井 順子
18歳から花屋でアルバイトを始める。仕入れ担当や店長を経験後、2000年11月にフランスへ。パリ7区にあるRYUKUBOTAにて5ヶ月スタージュのち、帰国。ヨコハマグランドインターコンチネンタルホテル・横浜ニューグランドホテルにて婚礼装花や宴会装飾などを担当。品川プリンスホテルではケイ・フローリスト店長として新規参入を果たし、新しい婚礼スタイルの提案など積極的に活動する。2006年11月より Fleuriste PETIT à PETIT主宰。
http://www.petit-fleuriste.com/
https://www.facebook.com/fleuristepetitapetit/

  • すてき 0
  • クリップ
  • 埋め込み

この記事をシェアするには埋め込みコードをコピーしてSNSやブログに貼り付けてください。

この記事のライター

新井 順子
新井 順子

18歳から花屋でアルバイトを始める。仕入れ担当や店長を経験後、2000年11月にフランスへ。パリ7区にあるRYUKUBOTAにて5ヶ月スタージュのち、帰国。ヨコハマグランドインターコンチネンタルホテル・横浜ニューグランドホテルにて婚礼装花や宴会装飾などを担当。品川プリンスホテルではケイ・フローリスト店長として新規参入を果たし、新しい婚礼スタイルの提案など積極的に活動する。2006年11月より Fleuriste PETIT a PETIT主宰。

直近の記事