小槙 有紀子 小槙 有紀子 45ヶ月前

Flower Decoration 01 -鉢物と切花-


 
こんにちは。iconicflower・Komakiです。
私たちは、空間にお花を飾り付ける
「装花」というお仕事を主に活動しています。
 
今回は「装花」の中から、
鉢物と切花のコンビネーションデザインをご紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ハイブランドのウィンドウで
「トロピカルな植物」をモチーフにした
ファッションやディスプレイを
多く見かけた今年の春夏。
 
そんな植物で空間を飾る機会を頂きました。
空間を華やかにするだけでなく
植物モチーフの商品を引き立てる役割のお花です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
沖縄や伊豆の他、輸入の切花を仕入れましたが
蘭も、ストレリチアもグリーンも、
全てのお花が10本単位で
「市場で決められた規格の長さ」に揃っていて
ワイルドさにかける気がしました。

他のお花の場合も
同じように思うことがあるのですが、

同じ長さと、咲き具合の植物だけで
自然な雰囲気を出すことは難しいと思いませんか?
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
そこで、大田市場で切花を仕入れた日、
仕入れたお花だけでは物足りず
東京砧花き園芸市場へ。
 


iconicflowerのアトリエにも
似合うストレチアの鉢物。
 
これこれ!と思っていくつかの鉢物を仕入れ
切花と鉢物を混ぜた「装花」をすることにしました。

葉のサイズが不揃いであったり、
新芽の葉があったり、
鉢物には切花にはない要素がたくさんあります。
先ほどの写真のストレリチアの鉢を
アレンジした様子はこちら

・・・・・・・・・・・
贈答用に使われることが多いコチョウランも
針金をとってアレンジすると
ゆらゆらとしてエレガントな存在になり、

シダの大鉢は装花のメカニックを隠しながら
花々の引き立て役として活躍しました。

葉と根が美しいバンダは、
目線よりも上の高さに配置してアイキャッチに。
本来は樹木の上に太い根を張る着生ランですから
そんな、植生の話も話題になり
見る人を楽しませてくれるかもしれません。

・・・・・・・・・・・・・

全てが切花では
ダイナミックさや自然さのインパクトが弱い

そんな時に、
切花と鉢物の両方を合わせて使うと
それぞれの良さ生かすことができて

なかなか良い雰囲気に仕上がるようです。

  • すてき 1
  • クリップ
  • 埋め込み

この記事をシェアするには埋め込みコードをコピーしてSNSやブログに貼り付けてください。

この記事のライター

小槙 有紀子
小槙 有紀子

東京のデパートやホテル、レストランをフィールドに、「装花」という仕事をしています。
都会的な空間にあわせた、エレガントで印象的なフラワーデコレーションを得意としています。
1997年- ホテル内の生花店に就職。クリスマスデコレーション・ウェディングフラワーなどのデザイン企画を担当。
2004年- 宝飾時計や化粧品、ファッション業界の展示会装花を中心に活動。
2013年- アイコニックボックス株式会社を設立。屋号を「iconicflower」として活動を開始。

直近の記事