小槙 有紀子 小槙 有紀子 48ヶ月前

Wedding Bouquet 03 -繊細なローズ-


こんにちは。
iconicflower・Komakiです。

いい季節になりましたね!

夏に比べて秋は
切花市場に、
状態が良く、美しいバラが揃う
幸せなシーズン。

そして年々、バラの品種が増えて
嬉しい限りです。

この花芯が見える
一重のバラは
「ウェディングドレス」
という品種です。


その美しさに
うっとり。

・・・・・・・・・・・・・・


多くの人がiphoneを手にして
あらゆる角度で
写真を撮る時代ですから

お花が傷つかないよう
以前よりもさらに
気をつけたいところです。

・・・・・・・・・・・・・・

花嫁はどのタイミングで
ウェディングブーケをもつの?
という質問を良く頂きますが、

基本的には
挙式、パーティの入場時、
中座する時など、
花嫁が歩く時は、
常にブーケを持ちます。

・・・・・・・・・・・・・・
そんな用途を考えると
繊細なローズは
特別扱いをしなくてはいけないので、

私の場合は
直接手やドレスに触れない場所
つまり、
他の植物に囲まれたところに配置します。

自然の中では
虫食いや傷、枯れゆく様など
完璧ではない姿を含めて

むしろ、それが良い!

と思えるほど
植物の全てを受け止められるのですけれど(笑)

私たち花屋が作る
ブーケやギフトなどの「商品」は
フレッシュさ、傷のない美しさ
とデザインを追求するものなのかな
と思います。
  • すてき 1
  • クリップ
  • 埋め込み

この記事をシェアするには埋め込みコードをコピーしてSNSやブログに貼り付けてください。

この記事のライター

小槙 有紀子
小槙 有紀子

東京のデパートやホテル、レストランをフィールドに、「装花」という仕事をしています。
都会的な空間にあわせた、エレガントで印象的なフラワーデコレーションを得意としています。
1997年- ホテル内の生花店に就職。クリスマスデコレーション・ウェディングフラワーなどのデザイン企画を担当。
2004年- 宝飾時計や化粧品、ファッション業界の展示会装花を中心に活動。
2013年- アイコニックボックス株式会社を設立。屋号を「iconicflower」として活動を開始。

直近の記事