jardin nostalgique jardin nostalgique 13ヶ月前

やっぱりわくわくクリスマス!

こんにちは!jardin nostalgiqueの青江です。

いつの間にか11月になり、
朝夕は冬の冷え込みですね。

市場ではもう春のチューリップやラナンキュラスもいたりして、
一つ季節が進んだことを実感します。

お店では、ハロウィンの仲間達から、クリスマスの仲間達へとバトンをつないで、
すっかりにぎやかな雑貨コーナー。


いっぱい・・・

いろいろな展示会で手配してやって来た仲間もいれば、
毎回の市場での仕入でつれてきてしまう仲間達も。。。

クリスマスの雑貨って、なんでこんなにわくわくするんでしょうねー。
子供の時に感じた、クリスマスに何だかわくわくする気持ちが
これらの雑貨を見ていると、いくつになっても蘇ってくるようです。

朝の仕入に行く市場では、早く帰った方が良いのは分かっているのに、
雑貨コーナーの前で立ち止まっては、うっとりしてしまいます。

そんな時はお店のコンセプトを思い出して、
おもちゃ箱をひっくり返したようなわくわく感の演出!!
と自分に言い訳しながら、やっぱり買って帰ってしまい、
このようなてんこもりな状況に。

よかったらぜひ、皆様もわくわくしにいらしてくださいね!


クリスマスにちなんだ商品は他にも。

いつも店頭でポストカードを販売している「ペアデザイン」さんの
クリスマスカードです!!



ホーリーやクリスマスローズなど、昨年までも定番のデザインのものももちろん、
今年の自分の一押しは、新作の「小さなお花達」。
写真では、右下のカードです。
作家の乙部さんがjardin nostalgiqueで見つけたいろいろな草花を集めた
ブーケのようににぎやかなカードです。
ヤグルマソウ、アストランチア、ニゲラにレースフラワーなど。
なかなか絵の題材に選ばれないような小さなお花達のカード。
優しさいっぱいです!
これらのクリスマスカードは開くと中にもお花のデザインが描かれています。
ぜひ、店頭でご覧くださいませ!!


最後に、クリスマスと言えばなリースですが、
こんな小さなかわいいリースはいかがでしょう。

松かさで作った素朴なリースです。

実は、jardin nostalgiqueのアトリエ時代から販売している商品です。
手作りなので、ひとつひとつ違うデザインですので、
ゆっくり見比べて好みを見付けていただければと思います。


皆様のわくわくのお手伝い!
自分のわくわくが伝わりますようにー!!

 
  • すてき 0
  • クリップ
  • 埋め込み

この記事をシェアするには埋め込みコードをコピーしてSNSやブログに貼り付けてください。

この記事のライター

jardin nostalgique
jardin nostalgique

ジャルダン ノスタルジック、2012年にオープンした東京・神楽坂にあるフローリストの青江、フローリスト/パティシエの加藤が経営する花店。おもちゃ箱をひっくりかえしたような、懐かしくてわくわくするお店づくりをコンセプトにした店内には、青江・加藤が選んだ季節の花とともに、焼き菓子、ハーブティーや花器、フランスのブロカントなどの雑貨が所狭しと並んでいる。土日の15時からは店内の一角でカフェも営業中。

直近の記事