西脇 光重 西脇 光重 2018/01/10

暮らしを彩る版画たち

こんにちは、版画家の西脇です。
今年もどうぞよろしくお願い致します。

さて、私の肩書は「版画家」でございますが、インテリアに関連した仕事もしております。
現在はキャトル・セゾン(株式会社 私の部屋リビング様)にて、部屋に飾れる作品を展示販売。
早速ご好評につき、様々なお客様にお買い上げ頂いております。
取り扱い店舗と販売期間につきましては以下の通りです。

町田店12月27日(水)~2018年1月21日(日)
札幌店12月26日(火)~2018年1月14日(日)

町田店


札幌店


他、目黒のカーフ様でも作品を扱っております。
店舗の装飾の機会等がございましたら、お声をお掛け頂きます様、宜しくお願い申し上げます。
最後までお読みいただき、ありがとうございます。
 
西脇光重( 版画家 )
  • すてき 0
  • クリップ
  • 埋め込み

この記事をシェアするには埋め込みコードをコピーしてSNSやブログに貼り付けてください。

この記事のライター

西脇 光重
西脇 光重

版画家。書籍「アヴィニョン五重奏」ロレンス・ダレル著(河出書房新社)、雑誌「NUMERO TOKYO」(扶桑社)をはじめ、ニコアンド、ビアズリー、 Made in Sens Paris などファッション、そして広告、インテリアなど手がけるアートワークは多岐に渡る。作品はイギリス、フランス、アメリカのギャラリーにて扱われる。最近では、ロンドンのチョコレートミュージアムの広告や、パリの名店ブーランジェリーの日本初店舗リチュエル(自由ヶ丘店・表参道店)のパッケージ・内装のイラストを制作。ヒルトン東京のブッフェイベント”ストロベリーフェアー”のアートワーク、ロンドンの住宅用壁装飾用版画を制作なども手掛けている。

直近の記事