太田 文子 太田 文子 2018/01/20

場所にいける、広がりのある花。

SENBUN 太田文子です。

一昨年から母校の華道部の指導をしています。
私が花を始めるきっかけになったのも、この華道部。

気付くと生徒たちは、机の前の方に花器を置いて花をいけています。
「自分から離して、客観的に花を捉えるように。」良く伝えていることです。

花の器の中に花をいける、というよりも

「場」にいけること。

それが豊かなアレンジをつくるヒント。

その応用編がディスプレイです。
大空間に世界観を生み出すように。
SALON東急プラザウィンドウ1月
↑先週チェンジしたウィンドウ(銀座東急プラザB2F SALON adam et rope)
春より少し前のすっきりとした冬をイメージして。
12月ディスプレイ    12月のウィンドウ
実は昨年末のお正月バージョンの素材を再アレンジ。9割同じ材料で、組み方をかえてディスプレイしました。素材の見せ方アレンジの仕方次第で自由自在。

「場所にいける」空間を意識しただけで広がりが変わります。


アレンジコーチング
↑アレンジメントも同じ。器にいける、というより空間にいける感覚。何倍にもスケールも大きく、豊かな花に仕上がります。

花の周りにある「間」も花の一部のように。

空間を意識すると、ものの見え方も変わって来ます。「花をいける」感覚を研ぎ澄ますようなセンスがあります。

センスアップにもつながりますよ。

ぜひトライしてみてください。



◎最近ブログを書き始めました。

花も好きですが、もうひとつ好きなのが「効率の良い」こと。あきらめたくない、あきらめない、いかに効率よく物事を進めるか。その連続で今日へ。気付いたら勝負師に?

「5000勝6000敗 フラワーデザイナーの勝負日記」

やりたいことやっておきたいこと、ぜーんぶやりたい、欲張りフラワーデザイナーの勝負な日々。
あきらめないため、達成するための時短術、効率アップメモ、毎日の気付き。


////////////////////////////////////////////////

Ota Ayako Flower Coaching School


★実力派フローリストになりたい人向け、少人数制フラワースクール、限定10名 4月スタート

『フローリスト育成ブライダルフラワーマスタースクール』


★センスアップしたい人向け回数制お花教室
『IKEBANA造形教室』


★ワークショップ開催中『いつでも胸に花束を』フラワーコサージュをつくろう

2月4日、6日、10日、13日 各回13:00~16:00 \2160 
@SENBUNアトリエ(JR池袋駅からバスで15分程)
 
////////////////////////////////////////////////
●店舗ディスプレイ、住空間コーディネイト、ウェディング装花
「魅了する空間」 SENBUN 花と空間デザイン
////////////////////////////////////////////////



 
  • すてき 0
  • クリップ
  • 埋め込み

この記事をシェアするには埋め込みコードをコピーしてSNSやブログに貼り付けてください。

この記事のライター

太田 文子
太田 文子

フラワーデザイナー/ディスプレープロップディレクター

高校生の時にいけばなにであう。早稲田大学第一文学部卒業後、つちやむねよし氏に師事。インテリアやディスプレー、エクステリアデザインの職種経験を経て独立。空間を活かしたフラワーデザインを得意とする。SENBUN主宰。

SENBUN花とデザイン【www.senbun.com】
1/1000 今日この花とであう確率。
「豊かになる花」をコンセプトにした花と空間のデザイン事務所。
植物をつかった商品デザイン、ディスプレーやウェディング空間をプロデュース。ワークショップも定期的に開催中。

直近の記事