西脇 光重 西脇 光重 2018/02/09

CHOCOLAT

COCOLAT : チョコレート版画作品

こんにちは。

街はバレンタインデーの装飾で賑わっております。

日頃からチョコレートは制作中も食べます。
 

5年前にロンドンのチョコレートミュージアムがオープンした際に

DM用に版画を制作しました。
 

この版画は原画もミュージアムのカフェに装飾してあります。

ロンドンにお越しの際にお寄り頂ければと存じます。


同じ版で印刷しても添付の2つの作品から分かるようにニュアンスが異なります。

版画は1点ものをコピーする技法と存じます。
 

前回お知らせしたアグネスホテルでも2つの” CHOCOLAT ”をご覧頂けます。

2月中ですので、こちらも宜しくお願い申し上げます。

ありがとうございます。

 

  • すてき 0
  • クリップ
  • 埋め込み

この記事をシェアするには埋め込みコードをコピーしてSNSやブログに貼り付けてください。

この記事のライター

西脇 光重
西脇 光重

版画家。書籍「アヴィニョン五重奏」ロレンス・ダレル著(河出書房新社)、雑誌「NUMERO TOKYO」(扶桑社)をはじめ、ニコアンド、ビアズリー、 Made in Sens Paris などファッション、そして広告、インテリアなど手がけるアートワークは多岐に渡る。作品はイギリス、フランス、アメリカのギャラリーにて扱われる。最近では、ロンドンのチョコレートミュージアムの広告や、パリの名店ブーランジェリーの日本初店舗リチュエル(自由ヶ丘店・表参道店)のパッケージ・内装のイラストを制作。ヒルトン東京のブッフェイベント”ストロベリーフェアー”のアートワーク、ロンドンの住宅用壁装飾用版画を制作なども手掛けている。

直近の記事