植物生活編集部 植物生活編集部 22ヶ月前

デイリー・ガーデニング[13]

『デイリー・ガーデニング』第13回  土谷ますみさん


ベテランガーデナーたちの、
今日のガーデニング風景を切り取って紡いでいく企画、
それが、
デイリー・ガーデニングです。
 
第1回の記事はこちら→ 『デイリー・ガーデニング』第1回 土谷ますみさん
第2回の記事はこちら→ 『デイリー・ガーデニング』第2回 梁瀬泰子さん「ベランダを夏模様にしたい」
第3回の記事はこちら→ 『デイリー・ガーデニング』第3回 梁瀬泰子さん「花の咲くシェードはいかが?」
第4回の記事はこちら→ 『デイリー・ガーデニング』第4回 土谷ますみさん「ミニ花壇とハンギングバスケットの手入れ」
第5回の記事はこちら→ 『デイリー・ガーデニング』第5回 土谷ますみさん「アジサイガーデン」
第6回の記事はこちら→ 『デイリー・ガーデニング』第6回 若松則子さん「カラーリーフを楽しむ」
第7回の記事はこちら→ 『デイリー・ガーデニング』第7回 若松則子さん「グラウンドカバーの使い方」
第8回の記事はこちら→ 『デイリー・ガーデニング』第8回 土谷ますみさん「秋の入り口庭景色」
第9回の記事はこちら→ 『デイリー・ガーデニング』第9回 土谷ますみさん「静かな秋の寄せ植え」
第10回の記事はこちら→ 『デイリー・ガーデニング』第10回 若松則子さん「雨の庭」
第11回の記事はこちら→ 『デイリー・ガーデニング』第11回 若松則子さん「ハロウィンの寄せ植え」
第12回の記事はこちら→ 『デイリー・ガーデニング』第12回 土谷ますみさん「鳥さんのカフェ」




今回のガーデナー
土谷ますみさん
プロフィール*
寄せ植え教室講師。グリーンアドバイザー、ハンギングバスケットマスター。雑誌「園芸ガイド」(主婦の友社)にて寄せ植え作品が多数紹介されている。著書「この植物をお買い!」「3ポットから作れる寄せ植え105」(以上主婦の友社)など。 ブログ「この植物をお買い2」okai2.exblog.jp


「春ももうそこ! っていうのに
やっぱりまだ庭がさびしいでしょ。
そこで春を迎える
寄せ植え
をつくろうかなと思って」とますみさん。

おお! すでに準備が整っているようですよ。
 


1 クリスマスローズをリーフ使いに


[使用する植物]クリスマスローズ・ステルニー ‘シルバーダラー’、プリムラ・ジュリアン(2つ)、イベリス、オオバジャノヒゲ‘黒竜’、シロタエギク


クリスマスローズ・ステルニー は、リビタスとアーグティフォリウスという2種類の原種の交配種。‘シルバーダラー’ はシルバーリーフがクールでかっこいい品種。渋いピンク色の花が咲きます。



プリムラ・ジュリアンは、バラ咲きのタイプ。微妙に違う赤系を2つセレクト。
 


2 肥料を混ぜた用土をコンテナに入れる


△ コンテナの鉢穴に鉢底ネットをかぶせ、鉢底が隠れるぐらいの量の鉢底石を敷きます。あらかじめ、適量の緩効性化成肥料を混ぜておいた草花用培養土を、コンテナの1/2量ほど入れます。

 


3 ポットのまま、植える配置を決めます



△ まず背が高いクリスマスローズを、次にプリムラ・ジュリアンを配置。そして手前にイベリスを配した場合、右奥のリーフはどんな形でどんな色がキマるかな? よーく見極めて! 

 

4 根鉢を崩し、植えつけます



クリスマスローズは、根鉢の表面と底部を軽くほぐし、3で決めた位置に配置します。



プリムラは開花中。底部の土を軽くほぐします。傷んだ葉があったら、摘み取っておきましょう。


プリムラも指定位置に配し、3株の位置を微調整。
 


5 株分けして植える[イベリス]



△ 最近のイベリスはとても丈夫に改良され、開花中でも株分けOK。根鉢を軽くもんでほぐし、分かれそうな部分でちぎり分けます。


△ 2つに分けた株の、どちらがふさわしいか、選びます。


△ 選んだほうの株の根鉢を小さくまとめます。


3 で決めた場所に植えつけます。

 

5 株分けして植える[シロタエギク]




シロタエギクイベリスと同じように株分けし、3 で決めた左奥と右角の2か所に配置します。

 

6 株分けして植える[黒竜]


‘黒竜’ の根鉢をほぐすと、根でつながっているのがわかるので、その部分をハサミでカットして分けます。

 

【ポイント!】

△ 分けた株を見比べてみましょう。右は「カールがきつくまとまった印象」、左は「大きく広がった印象」。この寄せ植えでは、どちらを手前に配して目立たせたらよいか、よーく見極めて。


△ 決めた位置に、それぞれの株を植えつけます。

 


7 土を足して植えつける


△ すき間に土を足して植えつけます。
 

【ポイント!】



△ 割りばし程度の太さの棒で、コンテナの側面や株と株の合間をつつくと土が凹むので、新たに土を足します。こうすると、コンテナの中にすき間ができず、しおれることを防げます。


△ コンテナの底穴から流れ出てくるまで、水をたっぷり注ぎます。一か所に注ぐのではなく、あちこちまんべんなく注ぎましょう。



‘黒竜’ の葉を散らすように整えて、エレガントに。微妙な赤の違いを、クールなシルバーリーフのクリスマスローズが映えさせてくれます。



クリスマスローズといえば、
バラやクレマチスと並ぶ憧れの花。
そろそろクリスマスローズのシーズンで、
ガーデンショップの店頭にも
さまざまな品種が並ぶことでしょう。

憧れの花だけあって、
この時期ならクリスマスローズを主役に選びがちだけれども、
今回はリーフとして登場。
こんなに素敵なリーフもあるのですね。

クリスマスローズはシクラメンと同様、
葉っぱも十分に観賞できます。
花のない時期でも見ごたえがあるので、
こんなふうにも使ってみてください」(ますみさん)。

ますみさん、今日も植物の新しい使い方の提案を
ありがとうございました♥




△ エントランスのウエルカム寄せ植えになりました。



To be continued…



text & Photo ウチダトモコ




 
  • すてき 0
  • クリップ
  • 埋め込み

この記事をシェアするには埋め込みコードをコピーしてSNSやブログに貼り付けてください。

この記事のライター

植物生活編集部
植物生活編集部

「植物生活」とは花や植物を中心とした情報をお届けするメディアです。 「NOTHING BUT FLOWERS」をコンセプトに専門的な花や植物の育てかた、飾り方、フラワーアート情報、園芸情報、アレンジメント、おすすめ花屋さん情報などを発信します。

直近の記事