小槙 有紀子 小槙 有紀子 54ヶ月前

モテる人 モテる花

こんにちは。iconicflowerの小槙です。
今日はiconicflowerで一番人気の
ピンク色のお花について書こうと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・

切花の色の中で
一番色幅がある色は
ピンクだと私は思っています。

ピンクの濃淡だけでなく
レッドよりであったり、ブルーよりであったり
鮮やかさや透け感の違いも加えると

本当に色味の幅が広い。


同じ種類でも
季節や個体差によって
色の違いがあり

開花の段階でも
色が変り

その奥深さにも
魅力を感じます。


仕入れの時には
花の「顔色」というか
微妙な色味の違いに
気を使う

そんな色が
ピンクです。




・・・・・・・・・・・・・・・


こちらは
「ピンクのバラのグラデーションで」
というご注文を頂いた
お誕生日ギフトの花束です。




この日の仕入れで
その美しさに惹かれてしまい、
買わずにはいられなかったお花は

ミルフィーユのように
花弁が豊かな
淡いピンクのローズ
「イブ・ミオラ」

隣の濃いピンクの
「イブ・ピアジェ」
の枝変わり品種です


色も花姿も
こんなに美しいこのお花は

人間界ならば
絶対にモテる
色白小顔美人のようなお花。

美しい彼女は
どんな色の
どんなデザインの洋服も
着こなすことができる


そこで、
違う雰囲気の花あわせも作りました。


こちらは
「濃いピンクをいれて甘くない雰囲気で」
というご注文のバースデーギフトです。





ピンク色のフラワーギフトの
ご注文が続くと
作る自分も
しあわせな気持ちになります。


・・・・・・・・・・・・・・・

それもそのはず

ピンクという色には

優しく
満ち足りた気持ちにさせてくれる
効果があるそうです。

人間関係を良くしたり、

女性ホルモンのバランスを整え
女性らしさをアップする効果も♩


・・・・・・・・・・・・・・・

iconicflowerは
2月後半から4月上旬まで
毎週のように
桜を中心とした
ピンク色のお花の仕事が続く予定です。

スタッフ一同
ピンク色のお花効果で
美しくなれるでしょうか!?


iconicflower
Komaki







 
  • すてき 0
  • クリップ
  • 埋め込み

この記事をシェアするには埋め込みコードをコピーしてSNSやブログに貼り付けてください。

この記事のライター

小槙 有紀子
小槙 有紀子

東京のデパートやホテル、レストランをフィールドに、「装花」という仕事をしています。
都会的な空間にあわせた、エレガントで印象的なフラワーデコレーションを得意としています。
1997年- ホテル内の生花店に就職。クリスマスデコレーション・ウェディングフラワーなどのデザイン企画を担当。
2004年- 宝飾時計や化粧品、ファッション業界の展示会装花を中心に活動。
2013年- アイコニックボックス株式会社を設立。屋号を「iconicflower」として活動を開始。

直近の記事