新井 順子 新井 順子 2018/03/13

ホワイトディについて思うこと

こんにちわ!桜新町の小さな花屋プチタプチ新井です。

皆様、約ひと月前のValentineDAYは、いかがお過ごしでしたでしょうか??
もらったか貰わなかったか、という話は男性だけのお話ではなくて。。。。笑
フランスの花屋を目指しているプチタプチとしては、男性からお花を貰った女子はどれだけいたのだろう?と思うのです。

当店はお陰様で意識高いメンズたちが何人かご来店いただきまして、いいな~っと思うような素敵な花束のご注文をいただきまいたが、世間的にはまだまだでしょうね・・・きっと。
花業界的には「本来の」Valentineの風習を積極的に宣伝していますが、
私は「チョコレート」という男子も女子も大好きなアイテムを押しのけてお花が勝つにはあと100年かかるんじゃないかな・・・って思ったり思わなかったり。

だったら。
だったらホワイトデーにお花をあげようよ!男子諸君!!
って思うのであります!!



それはささやかな一本の薔薇でもいいし、
こんな愛らしい鈴蘭でもいいじゃないですか?
もちろん、大きな花束も嬉しいけど、お花は気持ちをきちんと相手に伝えてくれる最高のアイテム。
気持ちは大きさや金額ではないって花は教えてくれるのです。

ホワイトデーだけではなく
ぜひ、お花で気持ちを伝えてみませんか?

*********************

さて
去年の秋に植えたヴィオラたちがモリモリと咲いてきて嬉しい限り。
散歩するかたも多くなり、「可愛く咲いてるわね~」といわれると嬉しいです。



様々な植物が芽吹いてきて
いよいよ春の風景がやってくる予感。
わたしは冬も嫌いじゃないけど、弱弱しく思っていた枝や苗たちが、冬にためていた力を発揮してくれるこの時期、
好きだな。

PS. 花粉症ですけどね・・・・


 
  • すてき 0
  • クリップ
  • 埋め込み

この記事をシェアするには埋め込みコードをコピーしてSNSやブログに貼り付けてください。

この記事のライター

新井 順子
新井 順子

18歳から花屋でアルバイトを始める。仕入れ担当や店長を経験後、2000年11月にフランスへ。パリ7区にあるRYUKUBOTAにて5ヶ月スタージュのち、帰国。ヨコハマグランドインターコンチネンタルホテル・横浜ニューグランドホテルにて婚礼装花や宴会装飾などを担当。品川プリンスホテルではケイ・フローリスト店長として新規参入を果たし、新しい婚礼スタイルの提案など積極的に活動する。2006年11月より Fleuriste PETIT a PETIT主宰。

直近の記事