ウチダ トモコ ウチダ トモコ 52ヶ月前

花を、留め置く

「留め置く」。

「心に留め置く」、のように使われる、この言葉。
「心に留める」よりも一段階、重みが増すように思えます。

今日一日を過ごしてきて、
何か、心に留め置きたい事柄や言葉に出会えたでしょうか。

たとえば、初めて育てた花が、初めて花を咲かせたとか。
すれ違った親子連れの赤ちゃんの、無垢な笑顔にハッとしたとか。
読んでいた本の一文に惹かれて、何回も読み返したとか。



この春もたくさん咲いてくれたパンジー「ムーランフリル」をジャムの空き瓶に挿して。


花留め。
それは、花瓶やグラスのなかに、花を留め置くためのアイテム。
手のひらに収まる小さな小さなものだけれども、
仕込むだけで挿した花は安定し、ふと、安らぎの表情を見せるかのよう。


茎が安定するように、花留めをセットしています。



こんなふうに瓶の縁に引っ掛けて、花留め自体を固定できます。


そう、この花留めは、以前紹介した D .ecru-design(ディ.エクリュデザイン)の製品。
あのリースもすてきなんだけど、こんなお手軽アイテムで、いつでも部屋にこぢんまりと花を留め置きたいな。


デザイナーの徳永彌生さんが、ひとつずつ手づくりする、小さな小さな花アイテム。

トントントン! のおなじみの音を響かせて、木槌で叩きながら花留めの形状にニュアンスをつけます。


容器の縁に引っ掛けやすいように、水中でより美しく見えるように。もちろんひとつひとつ手仕事で最終調整です。


この写真は、テーブルウェアフェスティバル2018 のとき、実際にこの花留めを微調整してくださったときのもの。彌生さんの手から生まれるたおやかな植物ラインに、ただただ、見惚れていたのでした。



高品質なステンレス製だから、水に浸けっぱなしでも錆びません。もしも汚れたら、食器用洗剤でさっと洗えば清潔に保てます。
花留め(5,000円/D .ecru-design)


さて、そんな D .ecru-design から、展示会のお知らせが届いたのでご紹介。
ステンレスのなかでも純度が高い医療用を使用した、サージカルステンレスアクセサリーが登場するそう。
テーブルと花と、そして身につけるステンレス。
母の日や、大切な誰かへのギフトに、ぜひ心に留め置いてくださいね。
 


== イベント情報 ==

D .ecru-design (ディ.エクリュデザイン)展示会
母の日ギフトフェア

期間 2018年5/2(水) 〜 13(日)
場所 日本橋三越本館 5階 [地図]



ボタンや襟元、バッグの縁に引っ掛けたり、チャームとしても使えます。今日気になった葉っぱを1枚、胸元に留め置いて。
ボタンアクセサリー・つる草(12,000円/D-ecru-design)



text & photo ウチダトモコ

 
  • すてき 0
  • クリップ
  • 埋め込み

この記事をシェアするには埋め込みコードをコピーしてSNSやブログに貼り付けてください。

この記事のライター

ウチダ トモコ
ウチダ トモコ

園芸ライター、グリーンアドバイザー、江戸東京野菜コンシェルジュ。
園芸雑誌、ライフスタイル誌などの編集、ライターを経て、現在は主にウェブで提案および取材執筆活動中。

直近の記事