相壁 琢人 相壁 琢人 17ヶ月前

『透明な植物標本』

こんにちは。

ahi.相壁です。
http://www.ahi-aikabe.com/

最近は雨が降ったり晴れたりと梅雨らしい日々が続いてますね。
いかがお過ごしでしょうか。

先にワークショップのお知らせです。
今週末6/24(日)に誠文堂新光社イベントスペースで「透明な植物標本」のワークショップをします。
午前がハーバリウム、午後がグラデーションフレームです。
どちらも簡単に作れて永く保つアレンジメント。
お時間は1時間ほどで完成します。

参加締め切りは明日6/22(金)午前中までとなっています。
ご予定合えばぜひご参加ください。
※このまま植物生活イベントページでご予約できます





ここからは僕の好きな言葉を紹介します。

「花や何 人それぞれの 涙のしずくに洗われて 咲きいづるなり」-石牟田道子


石牟田さんといえば、生涯通して人と見つめあい水俣病の恐ろしさを伝えてきた方ですね。
その覚悟に影響を受けています。

上の詩は東日本大震災のあと「花を奉る」と題した詩の一節です。
この詩の他にも花に例えた美しい詩が多く素晴らしいです。
花の生命を切っていくのだからこそ考えさせられる生き方ですね。

それでは週末にワークショップでお会いできることを楽しみにしています。
晴れますように。

webストア⇨http://www.ahi-flower.shop/

ahi.相壁
  • すてき 1
  • クリップ
  • 埋め込み

この記事をシェアするには埋め込みコードをコピーしてSNSやブログに貼り付けてください。

この記事のライター

相壁 琢人
相壁 琢人

ahi.代表
1985年生まれ。2015年より植物が未来へ繋がる可能性を提示するため、フラワーアーティスト・フラワーディレクションを開始。フラワーアート・保存に特化した押し花制作・アートディレクション・企画・作品コラボレーションなど。
東京を拠点に、既存の押し花に捉われず、流通している植物を使用した制作活動と各地で植生している植物を採取し保存を目的とした制作活動を行っている。スワッグ作り、作品販売の個展など提案中。

直近の記事