新井 順子 新井 順子 1週間前

早すぎる夏の日・・・

更新が遅くなり大変申し訳ございません
桜新町の小さな花屋、プチタプチ新井です!

母の日も父の日もそして梅雨も明けてしまった!!
そしてこの暑さってば、本当に花屋泣かせです。

ここから花屋さんたちは「我慢のとき」
どうやったって、この暑さに「お花を買ってください」とは、私は言えないな。

でも、楽しめるものはあります。
例えば夏の枝もの。満天星つつじとか、ナツハゼとか。
いまだとフサスグリいいかも。

草花だと、利休草なんてびっくりするぐらい長く楽しめる。

夏の花では、アンスリュームもニュアンスカラーが出てきて個人的には世界を広げてくれているし
ひまわりも、花が終わった後の花びらをそっと取ってあげたあとの、芯の美しさ。

でも、一人暮らしの閉め切った部屋に、例えば薔薇なんか飾ったら・・・・
疲れて帰ってきた心が余計なえちゃう。

プライベートのお話ができるお客様は限られているから、
どんな場所にどんな器に飾っているか、聞き出すのは難しいけど、
わたしはなるべく図々しく聞いています。

「花はもたない」

と思いがちの夏。
ぜひお花屋さんに相談してほしいです。




夏の日陰は、こんなアンニュイカラーがお似合い。




さて、新しいお店
Une petite fleur Violette も、徐々にお客様が安定してきはじめ、
おなじみ様が多くなってきました。
同じ町に2件あるということを、上手にご案内できるように、
そして、多くの人にご愛顧していただきたいということで、Carte de Visite(ご来店カード)・・・そうスタンプカードを作ってみました。




ご来店カード、としたのには理由があって
金額にかかわらず「ご来店してくれて、購入してくれた」すべての人にスタンプを押したかったから。
16番までスタンプを押されたカードは、次回ご来店時にバラの花一輪と交換させていただきます。


カードがかわいい!と好評。
ぜひご来店いただいて、GETしてみてください!!


 
  • すてき 0
  • クリップ
  • 埋め込み

この記事をシェアするには埋め込みコードをコピーしてSNSやブログに貼り付けてください。

この記事のライター

新井 順子
新井 順子

18歳から花屋でアルバイトを始める。仕入れ担当や店長を経験後、2000年11月にフランスへ。パリ7区にあるRYUKUBOTAにて5ヶ月スタージュのち、帰国。ヨコハマグランドインターコンチネンタルホテル・横浜ニューグランドホテルにて婚礼装花や宴会装飾などを担当。品川プリンスホテルではケイ・フローリスト店長として新規参入を果たし、新しい婚礼スタイルの提案など積極的に活動する。2006年11月より Fleuriste PETIT a PETIT主宰。

直近の記事