花咲 和奏 花咲 和奏 32ヶ月前

食虫植物の罠にハマってみる?[7・春~初夏編②]

これまでの 「食虫植物の罠にハマってみる?」

   → 食虫植物の罠にハマってみる?[1・秋編]
 → 食虫植物の罠にハマってみる?[2・想い出編]
 → 食虫植物の罠にハマってみる?[3・早春編-①]
 → 食虫植物の罠にハマってみる?[4・早春編-②]
 → 食虫植物の罠にハマってみる?[5・早春編-③]
 →食虫植物の罠にハマってみる? [6・春~初夏編①]



*****
執筆・写真 * 花咲 和奏(はなさき・わかな)
プロフィール

幼少期の趣味は「タネ集めとタネ採りのための植物栽培」という筋金入りのプランツラバー。
植物関連の施設に勤務し、1000種類を超える植物と向き合う日々。
たまにフラっと世界の秘境へ出かけ、野生植物の自生地を訪ねてリフレッシュ。

*****

食虫植物の罠にハマったままの花咲和奏です。

春から初夏は、サラセニアの花が咲き誇る季節となります。
花が群生して咲く様子を見ると、夢見ごこちに~♪

今回は、ちょっとではなく、かなり変わったかたちと、
不思議な構造をした花を咲かせる、サラセニアの花についてのお話しをします。
 

花の構造がわからない!

サラセニアを育てはじめて迎えた翌春、
その株に花が咲きました。
それはそれは不思議なかたち。

その花は下向に開き、舌ベロのような花びらが5枚ありました。
萼(ガク)は、かなり大きいうえに、厚みもあります。



せっかくなので、交配をしてタネを採ってみたい!
と、思った私は雌しべ(柱頭)を探したのですが…




ない…わからない。どこ!?


その日は交配をあきらめて、当時、数少なかった食虫植物の栽培書を読み漁りました。


そして、やっとわかったのです!


まとめると、
サラセニアの花は、このような構造になっていました。




雌しべは傘状になっていて、逆さに開いています。
その開いた先端5か所の内側に柱頭があるのです。

子房も5部屋に分かれており、
交配のチャンスを逃さないような、花の構造になっていたのです。

衝撃を受けた瞬間でした!

そして、無事に花粉を柱頭に乗せて、交配完了。
秋にはたくさんのタネが収穫できました♪


葉のかたちや模様だけでなく、花の構造までも魅力的な食虫植物、サラセニア!






とても素敵な食虫植物です♪


 
  • すてき 0
  • クリップ
  • 埋め込み

この記事をシェアするには埋め込みコードをコピーしてSNSやブログに貼り付けてください。

この記事のライター

花咲 和奏
花咲 和奏

幼少期の趣味は「タネ集めとタネ採りのための植物栽培」という筋金入りのプランツラバー。
植物関連の施設に勤務し、1000種類を超える植物と向き合う日々。
たまにフラっと世界の秘境へ出かけ、野生植物の自生地を訪ねてリフレッシュ。

*

直近の記事