相壁 琢人 相壁 琢人 15ヶ月前

不完全な美しさ

こんにちは。
ahi.相壁です。

暑い日々が続きますがいかがお過ごしでしょうか?
この時期は花の管理が一層難しいですね。

最近は撮影が続いています。
作品として花を生けるのですが、最近はより不完全な花の美しさに惹かれます。

勿論傷1つなく形の整っている花は美しいのですが、
朽ちていたり、整いすぎていない花の魅力とはなんなのだろうと考える日々です。

僕はよく花を生ける際に咲いている花の隙間に、
よく見ないと気付かない様に朽ちている花を混ぜています。
そうすると作品が花の美しさだけでない雰囲気になります。

不完全さに惹かれるのは、きっとそのように花の一生を見て伝えたいからかなと思ったり。
もっと伝えていけるように向き合わなくてば。


最後に素敵なコンセプトの記事があったのでリンクを貼っておきます。
ブシュロンの指輪の記事です。動画もあるのでチェックしてみてください。
http://www.afpbb.com/articles/-/3183722

では体調には気をつけて素敵な夏をお過ごしください。

・WEBストア
・Twitter
・Instagram

ahi.相壁
  • すてき 1
  • クリップ
  • 埋め込み

この記事をシェアするには埋め込みコードをコピーしてSNSやブログに貼り付けてください。

この記事のライター

相壁 琢人
相壁 琢人

ahi.代表
1985年生まれ。2015年より植物が未来へ繋がる可能性を提示するため、フラワーアーティスト・フラワーディレクションを開始。フラワーアート・保存に特化した押し花制作・アートディレクション・企画・作品コラボレーションなど。
東京を拠点に、既存の押し花に捉われず、流通している植物を使用した制作活動と各地で植生している植物を採取し保存を目的とした制作活動を行っている。スワッグ作り、作品販売の個展など提案中。

直近の記事