古長谷 莉花 古長谷 莉花 27ヶ月前

儚いからこそ美しさが増す、ボタニカルアート

8/7は立秋。
暦の上ではもう秋だなんて…

この夏は様々なところにボタニカルトリップしてきました。
植物生活の人気連載、Botanical TRIP 私の好きな、地元のこと。 



今回は南伊豆の美しい海で撮影してきましたよ。
メイキング画像をほんの少し…

南伊豆には本当に美しい砂浜と、青い海があります。
フラワーアーティストの後藤せいやさんに海に映える作品をお願い!!
とお伝えしたところ…

なんとも美しい、大きな作品が仕上がりました。


あまりにも美しいから
どうにかして作品を残したいと言うわたしに
「儚いからこそ美しさが増す、それがアートだよ」
と言ってくれました。

このまま永遠に美しさが残ればいいのに…
でも、そうはいかないから思い出はいつも美しい。

Why is the world beautiful?
For whom is the world beautiful?

みなさんは、どんな夏の思い出ができましたか?

  • すてき 0
  • クリップ
  • 埋め込み

この記事をシェアするには埋め込みコードをコピーしてSNSやブログに貼り付けてください。

この記事のライター

古長谷 莉花
古長谷 莉花

古長谷 莉花 konagaya rika
ブランドプロデューサー / マーケッター
1986年静岡生まれ。幼少期よりガーデニング好きの母の影響で生け花・フラワーアレンジメントなどを通し、植物と触れ合って育つ。
大学で建築を学んだ後就職し、インテリアデザイナー、広報、新規事業の立ち上げなどに携わる。
プラントハンター西畠清順氏との共同ブランド『花園樹斎』ブランドマネージャーとしてブラン ド立上げを行い、
植物の世界に改めて惹かれる。
2016年に独立し、現在ブランドプロデューサー / マーケッターとして東京を拠点に活動。
植物のための陶器達【花と宝石】を主宰。

直近の記事