hiromi hiromi 41ヶ月前

COUNTRY HARVEST

こんにちは、hiromiです。
今日で夏季休暇も終わり、そろそろ仕事モードに切り替えです。
今回は大好きなフラワーショップであり、私の通っているスクールのお話です。

南青山にある「COUNTRY HARVEST」。「COUNTRY HARVEST=田舎で収穫した花たち」。
ショップ名の通り、店内には野原で摘んできたようなナチュラルなお花やグリーンが迎えてくれて、外観や店内の雑貨までもオーナーのセンスが光っています。(どれも可愛くて私好み)ファンション雑誌等でも撮影に使われているショップです。

「COUNTRY HARVEST」外観。夕方撮影。


店内。お花の並べ方も勉強になります。
コスモスやケイトウの秋のお花もちらほら。大好きなジニアさんアップで撮ってます。


オーナーのセンスが光る雑貨たち。雑貨とお花のコラボです。


様々なグリーンたち。みているだけで癒される素敵な空間。


こちらがオーナー兼スクールの講師である深野俊幸さん。フラワー雑誌に登場する有名なお方です。

「フラワースクール」
「COUNTRY HARVEST」は職場が表参道にあったとき、ランチに行く際によくお店の前を通っては、癒されていたショップです。元々お花やグリーンは大好きでしたが、仕事のオン、オフをつけたいなと思ったことと、ちょっとしたプレゼント用に自分好みのお花で束ねたり、アレンジが出来たらいいな。そう思ったのがスクールに通い始めたきっかけです。
スクールを選ぶ際に、職場から通いやすい、夜のレッスンがあるなどをまずチェックしながら検討していました。
ですが、レッスン内容や作品を見てピンとくるスクールがなく。。。そんな時、同僚から「COUNTRY HARVEST」は?とアドバイスをもらい、調べて見るとスクールがあることを知りとても嬉しくなったことを覚えています。

ナチュラルなグリーンや小花、優しい色合いのお花が大好きな私は「通うならここしかない!」と。
まずはブーケの体験レッスンを受けてみました。深野先生の第一印象はとても優しく、明るくユーモアのある方でした。(笑えない時もある?)アレンジのセンスはもう、素晴らしく、魅力的すぎました!!!!
とにかく好きな雰囲気のお花を束ねることが楽しくて、即決でナチュラルブーケクラスに通い始めました。
初心者にはちょっとハードルが高かったような気もしますが、季節を意識した花材や毎月違うスタイルに驚きと感動の連続でした。

一年間のブーケクラスを修了し、基礎から学んでみようとプライマリー、キャリア、マスターを修了し現在のデザイナークラスに至ります。振り返ると、「先生の言っていることは解る。でも思うように作れない(泣)。」帰宅後、夜な夜な作り直したことも数知れず。そんな私もマスタークラスになると完璧ではないけれど、レッスン時でほぼ思い描いたような作品ができるようになってきたことを実感しています。

お花と向き合うことの楽しさ、奥深さ、難しさ。
咲き誇っているお花はもちろん、蕾や開き始めたお花、葉、全てが美しく愛おしくなる。
アレンジを基礎から学ぶことによって応用の効く個性を生かしたデザインを見出せる。
まだまだ学び途中ですが、初心者からここまで成長出来たことに先生とスクールに感謝しています。
お花やアレンジには人それぞれ好みがありますが、ご自身の感性に合う、尊敬できるスクールに出会えることが大切だと思います。これから学んでみたいと思っている方に、少しでもお役に立てれば幸いです。

「お花のある暮らし」は日々の生活に癒しと優しさを与えてくれます。

COUNTRY HARVEST

text, photo by hiromi
  • すてき 1
  • クリップ
  • 埋め込み

この記事をシェアするには埋め込みコードをコピーしてSNSやブログに貼り付けてください。

この記事のライター

hiromi
hiromi

レコード会社勤務の傍ら、5年間のフラワースクールを経てフラワーデザイナーの資格を得る。現在も同スクールのデザイナークラスとブーケクラスにてスキルを磨いている。植物に特化した写真投稿サイトにて20,000を超えるフォロワーを持つ。「お花のある暮らし」の素晴らしさを微力ながら伝えていきたい。

直近の記事