hiromi hiromi 1週間前

素敵なお花屋さんとの出会い。

台風21号、北海道での大規模な地震、重なる災害に被害を受けられた方々、ご家族、ご関係のある方々に謹んでお見舞い申し上げます。一日も早い復興とご安全をお祈りいたします。

9月に入り、まだまだ日中は蒸し暑いですが、夜になると鈴虫の鳴き声が秋を語りかけてくれます。
季節の変わり目は体調も崩しやすいので、自己管理が大切。
10年ほど前になりますが、頚椎椎間板ヘルニアを患い、以来お世話になっている整体があります。体調が悪くなると駆け込んでは治してもらうの繰り返しでした。ですが、今年3月、突然歩けないほどの腰の痛みが襲ってきました。まだ大丈夫、大丈夫と思っていても身体は悲鳴をあげていたのですね。現在はほぼ回復しましたが、あの痛みを繰り返したくない一心で月2回はメンテナンスに通っています。

その整体のお店は今年5月に自由が丘から学芸大学へ移転。自宅からは少し遠くなりましたが、素敵なお花屋さんとの出会いがありました。学芸大学駅から徒歩5分、閑静な住宅街にある”Fan Flower College & Shop”さんです。
整体のお店が移転して間もない頃、車窓から「あれはお花屋さんかな?」と思うお店を発見、施術後に立ち寄ってみたのです。初めて入るお店はちょっと緊張しますが、お店の雰囲気、お花の種類にテンションが上がり「なんて素敵なお店なの〜」と、とても嬉しくなりました。その日から整体の帰り道にFan Flowerさんへ立ち寄って、お花を購入するのが楽しみとなっています。おかげで整体もサボらずに通えてます(笑)。

閑静な住宅街に佇む”Fan Flower College & Shop”さん。


ガラス張りのエントランスを入ると花束が置かれた階段、半地下の店内には旬のお花が出迎えてくれます。


手作りのリースが壁一面に。


秋色のお花も入荷、グリーンの多さにときめきます。


いつ伺っても豊富なバラ。選ぶのが楽しい。そしてリーズナブル。

お花の配置にもセンスが感じられます。


自家製ドライフラワー。

リースやスワッグ、ハーバリウムに欠かせない花材ですね。


今日はどんなお花が待っていてくれるかなとワクワクしながら伺います。価格がリーズナブルなのも嬉しい。

素敵な空間と素敵なお花たち、そしてスタッフの方々の笑顔に癒されて、ついつい長居をしてしまう。
ご近所の方々との交流を見ていると、とても愛されているお店なのだなぁと感じます。
整体で身体を整え、お花で心を癒す。私にとってなくてはならない特別な時間。
整体の移転がなければ、きっと出会うことがなかったお店。
そのご縁に感謝です。

先日Fan Flowerさんで購入したお花で作ったブーケです。
同僚への送別に。彼女の好きな赤系のお花に私らしさをプラス。「頑張れ」と「ありがとう」を込めて。


text & photo by hiromi



 
  • すてき 0
  • クリップ
  • 埋め込み

この記事をシェアするには埋め込みコードをコピーしてSNSやブログに貼り付けてください。

この記事のライター

hiromi
hiromi

レコード会社勤務。都内フラワースクールに通い、デザイナークラスに在籍中。「お花のある暮らし」の素晴らしさを微力ながら伝えていきたい。

直近の記事