hiromi hiromi 32ヶ月前

秋色の宝石箱

こんばんは。

秋到来。夜はだいぶ気温が下がってきました。これから関東地方では徐々に色づく紅葉が楽しめる季節。
近所の銀杏並木も緑から黄色へ黄金に輝く様を毎日みながら歩くのも楽しみの一つです。

さて、今日は先日のレッスンのお話です。

私の在籍しているデザイナークラスでは、毎回テーマに沿って予算内で各自お花を選びデザインしていきます。
今回のテーマは「秋色の宝石箱 スイーツと花のボックスデザイン」

スタジオには沢山のお花が並び、価格も様々。予算内で多すぎず少なすぎず、色合わせを考えながら選んでいきます。どんなデザインにしよう?とイメージすることがまず大切。今回は黒いボックスだったので、優しい色合いよりもヴィヴィッドな色合いで選んでみました。大好きなジニアと発色の良いコニカルをメインに、さらに秋を意識してケイトウも加えて。スイーツのマカロンは散りばめずにまとめて配置しました。「マカロンは賞味期限シールが見えないように。見える場合は張り替えて。」と先生からアドバイス。こうした一手間かけた思いやりも勉強になります。

こちらが私の作品。お花だけで埋めずに所々にグリーンと実物を配置してナチュラルなイメージも残してます。


ラッピングは透明なフタにリボンをかけて完成。

お菓子とお花のギフトボックス。
目も心も、そしてお腹も満たしてくれますね。

約30cm四方の大きなボックスにはオアシスを1本半使用してます。
お水をたっぷり含んでいるので持ち帰るのにとても重かったですが。。。(苦笑)

使用花材
ジニア
コニカル
カーネーション
ビバーナム
ミント
アセビ
ピットスポルム
スカビオサ
エキナセア
アルストロメリア
ケイトウ
オキシペタラム レッド

text & photo by hiromi


 
  • すてき 0
  • クリップ
  • 埋め込み

この記事をシェアするには埋め込みコードをコピーしてSNSやブログに貼り付けてください。

この記事のライター

hiromi
hiromi

レコード会社勤務の傍ら、5年間のフラワースクールを経てフラワーデザイナーの資格を得る。現在も同スクールのデザイナークラスとブーケクラスにてスキルを磨いている。植物に特化した写真投稿サイトにて20,000を超えるフォロワーを持つ。「お花のある暮らし」の素晴らしさを微力ながら伝えていきたい。

直近の記事