hiromi hiromi 31ヶ月前

秋の三日月。

秋から冬へ。ハロウィンが終わり、これから街はクリスマスモードになっていきますね。
クリスマスモードに入る前に秋色のリースを作ってみました。

生花をアレンジや投げ入れなどで楽しんだ後、そのままドライフラワーになるお花は吊り下げて乾燥させたり、シリカゲルに埋めて乾燥させています。※シリカゲルに埋めると色が綺麗なままドライになります。
ドライフラワーも時間の経過と共に色褪せてきますので、ある程度花材が揃ったらリースを作ったりしています。

紅葉木苺の葉がとても綺麗だったので秋の三日月をイメージしたムーンリース。
先日のボックスアレンジで使用した大輪ジニアも使ってます。


こちらは紫陽花のドライを切り分けずにデザインしたハーフリース。


来月はグリーンいっぱいのクリスマスリースを作ろうと思います。
12月のレッスンはリースではくフラワーツリーの予定です。こちらも楽しみです。

今日は一段と寒く2匹の猫らは床暖エリアから離れません。みなさまも暖かくしてお過ごしください。

text & photo by hiromi




 
  • すてき 0
  • クリップ
  • 埋め込み

この記事をシェアするには埋め込みコードをコピーしてSNSやブログに貼り付けてください。

この記事のライター

hiromi
hiromi

レコード会社勤務の傍ら、5年間のフラワースクールを経てフラワーデザイナーの資格を得る。現在も同スクールのデザイナークラスとブーケクラスにてスキルを磨いている。植物に特化した写真投稿サイトにて20,000を超えるフォロワーを持つ。「お花のある暮らし」の素晴らしさを微力ながら伝えていきたい。

直近の記事