hiromi hiromi 2019/03/03

一足早く春を感じに。〜河津桜まつり

こんにちは。hiromiです。

3月に入りました。春がやってきますね!
寒さが苦手な私にとって早く暖かくならないかなぁと心待ちにしています。

さて、先々週になりますが、一足早く春を感じに南伊豆の河津桜まつりへ行ってきました。数年前に訪れて以来、連なるその美しさに魅せられて毎年足を運んでいます。今年は仕事の都合上、例年より1週早い日程で宿を予約。5部咲き以上ならいいなと思っていたのですが、暖冬もあってちょうど満開時期に行くことができました。

河津川沿いに咲き誇るピンク色の桜。お花も大きく、もふもふしています。満開時期は息を飲むほど素晴らしい光景です。ソメイヨシノとはまた違う美しさにうっとりします。
また、菜の花とのコラボもとても綺麗で、ピンクとイエローがさらに春を感じさせてくれます。





お祭り期間中は露店も並び、ご当地グルメなど桜を観ながら食すのも『お祭り』気分を盛り上げます。なかでも『焼き桜餅』が美味でおすすめです。その場で焼きたてをいただけます。

こちらが『焼き桜餅』。


『かじやの桜』
観光交流会館のそばにある『かじやの桜』。民家の敷地内ですが、解放されていますので真近で観ることができます。個人的にはこちらの桜が一番好きかもしれません。

もふもふ。




『来宮神社』
かじやの桜と原木の間に位置する来宮神社。1936(昭和11)年、国の天然記念物に指定された樹齢1000年以上の大楠は、樹高約24メートル、幹回り14メートルの大きさだそうです。お祭り中とは思えない静けさと凛としたとても神聖な空気を感じる好きな神社のひとつです。

こちらが『大楠』。

各地からたくさんの方が訪れて、活気あふれる『河津桜まつり』。町や人々の優しさにも触れて気持ちがあたたかくなります。

都内から踊り子号で2時間ちょっと。車窓からも伊豆の海や伊豆七島が見えるので、是非、海側のお席を。

またお祭り期間中は公式HPで開花情報が毎日更新されます。今年は~3/10までとのこと。
ご興味のある方は是非一度訪れてみてはいかがでしょうか。

text & photo by hiromi
 
  • すてき 0
  • クリップ
  • 埋め込み

この記事をシェアするには埋め込みコードをコピーしてSNSやブログに貼り付けてください。

この記事のライター

hiromi
hiromi

レコード会社勤務の傍ら、5年間のフラワースクールを経てフラワーデザイナーの資格を得る。現在も同スクールのデザイナークラスとブーケクラスに在籍中。「お花のある暮らし」の素晴らしさを微力ながら伝えていきたい。

直近の記事