植物生活編集部 植物生活編集部 2019/10/09

フラワーラッピングのテクニックをお花屋さんに教わりたい!「魔法の技、台形の切り込み」

フラワーデザインにラッピングはつきもの。
花束にも、アレンジメントにも、鉢物にもラッピングすればギフトとして立派に飾れます。
でも、箱を包むのとは違い、特殊な形をどうやってきれいに仕上げられるのか。
ペーパーのコストや、花を傷めないように素早く包む方法はあるのかなど、
日々、花を包んでいるプロのお花屋さんに、ちょっとしたコツや秘密の技を教えてもらいます。



押さえておきたい基本メソッド編


さまざまなラッピング方法をご紹介する前に、知っておくべきことを解説します。
プロのお花屋さんは、ラッピングをする上で、コストやデザインの工夫を考えます。

さまざまな基本的なテクニックなど、これらを理解した上でフラワーラッピングに挑むと、よりスムーズに花を包むことができます。


ペーパーワーク:切り込み

硬いペーパーで花束をくるみ、花のつけ根でまとめるとき、ペーパーがくしゃくしゃになったり、もたついて不格好になったりした経験はありませんか? 

平面的な紙で立体的な花を包むのですから、当然そういうことは起こりますよね。
ただ、ペーパーの根元にちょっとした裏ワザを施すだけで、誰でも失敗せずに花束を包めるようになるのです。



 

台形の切り込みでペーパーのもたつきを解消



花屋さんで不織布が人気なのは、柔らかくて巻きやすいからです。
でも、硬くてすぐに折りじわができてしまうワックスペーパーや撥水加工ペーパーでも、この裏ワザさえマスターしておけば、きれいに花をラッピングすることができます。

その裏ワザとは、花の根元にあたる位置に、台形の切り込みを入れること。
この切り込みにステムを差し込めば、ペーパーはしわしわになってもたつくことなく、すっきりと花の周りに収まります。

コツはふたつ。
まず、台形部分で花を支えることになるので、ペーパーの強度を増すために、下端を折り返すこと。
こうすると、花束の高さに合わせたサイズ調整も簡単にできます。
切ってしまったペーパーは戻せませんが、折っただけなら、折り幅を浅く直せば、再びペーパーのサイズを伸ばすことができるからです。
もうひとつは、台形は思い切って深めに切ること。切るサイズの目安は次ページに表記しますが、切りすぎてもかまいません。
そのほうが奥行きが出てラッピングの立体感が増すのです。



手順


1
ロールのままのペーパーの上に花束を乗せ、花の幅に合わせてペーパーを切る。縦長の花束であれば、縦はロールの幅をそのまま使うとよい。




2
切ったペーパーの下端を、ステムの長さの半分くらい、内側に折る。この折り幅は花束の高さにもよる。高さがない花束の場合は、折り幅を増やす。ペーパーの強度を増すため、左右も2cmほど内側に折る。折り幅は左右で変えてもよい。





3
ペーパーの下端中央に、台形の切り込みを入れる。Aは花束の奥行き、Bはステムの太さを目安にする。長方形でなく台形にするのは、手順4~5でペーパーをより立体的に巻けるようにするため。





4
台形の切り込みに花束のステムを差し込む。ステムの左右のペーパーを、花束の正面にもってくる。






5
4を花束の正面で交差させて合わせる。しわもなく、きれいにペーパーが収まっていることに注目。右の写真は切り込みを入れていない場合。花の根元でペーパーがくしゃくしゃになり、後ろがステムの途中まで伸びて保水しづらい。





6
ペーパーが交差したところをステープラーでとめる。セロハンテープでもよい。



教えてくれた人
出崎 徹 Toru Idesaki
神奈川県横浜市「横浜 花日和」代表。
1972年横浜市生まれ。花の店山田商会を経て独立。
フラワーギフト、活け込み、デモンストレーションや技術指導、ラッピング講習会などで活動。
農林水産大臣賞、東京都知事賞、神奈川県知事賞、他県知事賞多数受賞。
JFTD花キューピットジャパンカップ、関東東海花フラワーデザインコンテスト、ジャパンフラワーオープン、クイーンズカップ、世田谷カップほか、多数優勝・入賞。
2019年ジャパンカップ全国大会3位。


この連載の講師、出崎さんがデモンストレーションします。無料につきぜひお申し込みください。
詳しくはこちらから






このメソッドは、書籍「フラワーラッピング・マニュアル」に掲載されています。
この本は、時短テクニックから資材の無駄を省く技まで、40以上のテクニックがお花屋の目線で説明されています。
「用紙は自分で選ぶから……」という人も、普段お花屋さんが使っている技をマスターすれば、自分のセンス+技で最高のフラワーラッピングが完成します。ぜひ、ご覧ください。




 
  • すてき 0
  • クリップ
  • 埋め込み

この記事をシェアするには埋め込みコードをコピーしてSNSやブログに貼り付けてください。

この記事のライター

植物生活編集部
植物生活編集部

「植物生活」とは花や植物を中心とした情報をお届けするメディアです。 「NOTHING BUT FLOWERS」をコンセプトに専門的な花や植物の育てかた、飾り方、フラワーアート情報、園芸情報、アレンジメント、おすすめ花屋さん情報などを発信します。

直近の記事

関連記事