植物生活編集部 植物生活編集部 36ヶ月前

植物で表現するブランディング 愛和病院川越ウエストクリニック  植物生活ボタニカルラボチームによる植栽計画&アロマ空間


「川越にすごい病院がある、もう8万人も赤ちゃんが生まれているんだ。」

埼玉県川越市にある、愛和川越ウエストクリニックのブランディングプロジェクトは、世界的に有名な建築家、手塚貴晴さんの声かけからはじまりました。

空間設計を依頼されていた手塚さんは、依頼主である愛和病院の45年以上にわたる歴史や、グループ一丸となってのサポート体制、地域への貢献を目の当たりにし「このブランドをしっかりと伝えるべきだ」と考えました。

1973年以来「出産」を中心に、妊婦さまとお子さま、そしてご家族全員の健康をサポートするため、新たな取り組みを続けてきた愛和病院グループのさらなる一歩を伝えるものとして、愛和病院ウエストクリニックのブランディングプロジェクトが動き出しました。


 

空間に、植物の力を


植物生活ボタニカルラボでは、多数のクリエーター、アーティストをコーディネートし、空間デザイン、商品開発、ブランディング、コンテンツ作りを行っています。


3階4階のブレンドアロマもオリジナルで制作し、病院に来る緊張感を緩和させる試みを実践しています。


世界に一つずつしかないテラリウム「コロニー」はともに生きるあたたかさを表現しました。









「夫婦円満、ご縁が切れない」とされる縁起の良い梛(なぎ)の木がエントランスでお客様をお迎えします。


撮影/野村正治



愛和川越ウエストクリニック

住所:埼⽟県川越市脇田本町1-5 川越ウエストビル 3F産婦⼈科/ 4F小児科・アレルギー科
TEL:049-220-8811
http://westclinic.aiwahospital.or.jp/

内装設計:手塚建築研究所
ブランディング:手塚建築研究所+訪れたい場所株式会社
植栽計画プロデュース:植物生活ボタニカルラボ/古長谷莉花
ハーブ空間デザイン:猪飼牧子/NEROLIDOL
コロニー作品制作:村瀬貴昭/re:planter



植物生活ボタニカルラボへのお問い合わせはこちらから

 
  • すてき 0
  • クリップ
  • 埋め込み

この記事をシェアするには埋め込みコードをコピーしてSNSやブログに貼り付けてください。

この記事のライター

植物生活編集部
植物生活編集部

「植物生活」とは花や植物を中心とした情報をお届けするメディアです。 「NOTHING BUT FLOWERS」をコンセプトに専門的な花や植物の育てかた、飾り方、フラワーアート情報、園芸情報、アレンジメント、おすすめ花屋さん情報などを発信します。

直近の記事

関連記事