植物生活編集部 植物生活編集部 2020/05/15

「世界らん展2020−花と緑の祭典−」レポート  江口美貴によるランの独創的空間アレンジを披露


今年2月に東京ドームで開催された『世界らん展2020−花と緑の祭典−』のメインステージで、江口美貴さんがパフォーマンスを行った。

江口さんは、年間3,000件のウェディングの花演出を手掛け、ブライダル業界を担う若年層の人材育成を目的とした「一般社団法人ブライダルフラワーコーディネーター協議会 BFCA」設立、全国に花のプロ養成校「Flower Salon Miki Art School」を43校展開し、フラワー界をリードするトップフラワーアーティスト。

10年連続出演を迎えた今回は、「蘭で魅せる空間演出~Futuristic~」をテーマに、革新的で斬新なブライダルの空間演出を披露した。

1作品目は、ウッドプレートで作られたベースに、パフィオや根付のヒアシンス、ムスカリで、よりナチュラルなデザインに。

2作品目は、シンビジウムのオレンジとアナナスの紫、曲線や直線の植物のコントラストが美しく際立ったワイルドな作品に仕上げた。

江口さんならではの、独創性があふれ、まるで熱帯の森林で咲いているかのような、生命力みなぎる最旬のボタニカルスタイル・デザインに多くの観客が感銘を受けていた。

ステージには、江口さんプロデュースのもと主宰する「江口美貴 Flower Salon Miki Art School」の「ウエディングプロデュースコース」と「インストラクターコース」の生徒さんが制作に携わった、ボタニカルのオーキッド・ブライダルの空間演出が展示され、多くの観客をランで魅了した。


メインステージでは、今年も江口さんのパフォーマンスが開催され、花と植物の命を生かした力強い作品と軽快なトークで多くの観客をひきつけた。

江口さんならではの個性的でパワーあふれる作品が完成した。



1作品目は、自然素材のウッドプレートをベースに平面的アレンジ。




パフォーマンスのバックには生徒たちのブライダルアレンジを展示。


写真・文 Flower Salon Miki Art School
問:江口美貴 Flower Salon Miki Art School 東京都中央区銀座5-8-5 ニューギンザビル10号館4F 
TEL:0120-603-003 http://www.flower-s-miki.co.jp/
  • すてき 0
  • クリップ
  • 埋め込み

この記事をシェアするには埋め込みコードをコピーしてSNSやブログに貼り付けてください。

この記事のライター

植物生活編集部
植物生活編集部

「植物生活」とは花や植物を中心とした情報をお届けするメディアです。 「NOTHING BUT FLOWERS」をコンセプトに専門的な花や植物の育てかた、飾り方、フラワーアート情報、園芸情報、アレンジメント、おすすめ花屋さん情報などを発信します。

直近の記事

関連記事