植物生活編集部 植物生活編集部 2021/01/20

ローラン流 季節の花あそび vol.21 春を待ち望む大人シックなウェディングブーケ

人気フランス人フラワーデザイナー、ローラン・ボーニッシュさんによる、旬の花や植物素材を使ったブーケとアレンジメントの提案。
洗練された花合わせ、色使いのアイデアをお伝えします。


これまでの連載はこちら



 

vol.21 春を待ち望む大人シックなウェディングブーケ

 



まだ寒い日は続くものの、市場には柔らかいパステルカラーの花が並び、少しずつ春の雰囲気も感じられるようになってくる1月。

今回は、そんな季節に贈るウェディングブーケです。



市場で見つけた2種類のバラがインスピレーションの源。

くすんだピンクの‘ショコラロマンティカ’と、ロゼシャンパンの泡のような淡いピンクの‘ロゼドリュヌ’です。
‘ショコラロマンティカ’は、咲いてくると中の花弁がブラウンベージュになることから、この名がついているそう。
ともに香りのよい品種です。

この色に合わせて同色のラナンキュラスとスイートピーを選び、ボルドーカラーのスイートーピーとアストランチア、紫のスカビオサへとつなげ、ワスレナグサの青をアクセントに配して大人シックに。

冬の澄んだ空気と、春の優しい光が感じられるように仕上げました。

 




花はたっぷり使って贅沢に。
バラは同じ品種が並ばないように全体にまんべんなく配し、スイートピーは2本ずつグルーピングをして質感を出しながらラウンド形に束ねます。

スパイラルで組みますが、茎は上下2箇所を麻紐で結んで広がらないようにし、花嫁が持ちやすい形にまとめています。
リボンなどで装飾はせず、茎の美しさを含めた花の魅力を表現するのが、ヨーロッパのウェディングブーケのスタイル。

360°どこから見て美しく、片手で持ってもさまになるブーケです。
 



flower&green
バラ(ショコラロマンチカ、ロゼドリュヌ)、ラナンキュラス、スイートピー2種、スカビオサ、アストランチア、ワスレナグサ、アカシア、ゼラニウム

撮影/山家 学 取材/植物生活編集部

ローラン・ボーニッシュさんの世界観を存分に堪能したい!

自身初の作品集『Jeux de fleurs』をご覧ください。






プロフィール
Laurent Borniche(ローラン・ボーニッシュ)
フラワーデザイナー、Laurent.B Bouquetier 代表。
フランス・パリ郊外、ブーローニュの森に隣接する高級住宅地ヌイイ市の花店の4代目。エコール・デ・フルーリスト・ドゥ・パリ卒業後、パリの老舗花店等で研鑽を積み、母校派遣講師として1998年に来日。2014年、東京・田園調布にデザインアトリエ「Laurent.B Bouquetier( ローラン・べー・ブーケティエ)」を設立。著書に『ローラン・ボーニッシュのブーケレッスン new edition』『ローラン・ボーニッシュのフレンチスタイルの花贈り』『Jeux de fleurs』(以上誠文堂新光社刊)がある。
https://www.laurentb-bouquetier.com/


(c)Kenji Kusakabe

植物生活ストアもご覧ください!

  • すてき 0
  • クリップ
  • 埋め込み

この記事をシェアするには埋め込みコードをコピーしてSNSやブログに貼り付けてください。

この記事のライター

植物生活編集部
植物生活編集部

「植物生活」とは花や植物を中心とした情報をお届けするメディアです。 「NOTHING BUT FLOWERS」をコンセプトに専門的な花や植物の育てかた、飾り方、フラワーアート情報、園芸情報、アレンジメント、おすすめ花屋さん情報などを発信します。

直近の記事

関連記事