植物生活編集部 植物生活編集部 2021/04/27

切り花図鑑|もっと知りたい!【ラナンキュラス】知識まとめ|基本情報・花言葉・水揚げ方法は?

冬から春にかけて出回るラナンキュラスはここ10 年で多くの品種が増えました。
直径15cm以上の巨大輪や一重でスプレー咲きのもの、そして色も非常に豊富です。

一番よく見かけるのが写真のような花びらの多い八重のもの。
飾っているうちに花 びらが大きく育ち、ふっくらと丸いフォルムに変化します。
花によっては花首から 折れてしまうものもあるので、切り花栄養剤を使って活けるとよいでしょう。


基本情報

科名 : キンポウゲ科
時期 : 11月~5月
日持ち : ★★★(7日以上)
 

花言葉

たくさんの友と出会う
 

ラナンキュラスの人気の品種について



バリエーション豊富なラナンキュラス! さて、あなたのお好みは?
まあるく存在感があり、一輪でもさまになるラナンキュラス。
キンポウゲ科キンポウゲ属のハナキンポウゲを改良して生まれ、その目的は「園芸用」つまり、人間が飾って楽しむために生まれたお花です。
それだけに色も形もバリエーション豊富で、近年人気上昇中!
そんなラナンキュラスの魅力をお伝えする記事を集めてご紹介します。


>> 色も形もさまざま。ラナンキュラス、お魅せします




そのほか、金沢の花店「ニュアージュ」小野さんの記事です。
>> ラナンキュラス ラックスシリーズ
>> 日持ち抜群のポンポンシリーズ



ラナンキュラスを使ったアレンジメントアイデア


しっとりとした光沢のある質感の「ラックスアリアドネ」を紹介します。

>> 「はるいろラナンキュラスのブーケ」の作り方




花びらが幾重にも重なっていて、バラにも引けを取らない華やかさが魅力です。
種類によっては同じ花とは思えないほどの形や色があります。
ラナンキュラスの出回る季節は12月から春(3月、4月)にかけて。
水が汚れていたり、気温が高くなり、水が下がってくるとベントネックになりやすいので注意してください。


>> コツを押さえて今から準備 大人かわいいダリアとラナンキュラスの正月飾りの作り方







ラナンキュラスのスパイスクラウン
 
>> アンティークで大人な「ラナンキュラスの花冠」の作り方

ピンクでガーリーな王道の花冠もかわいい。
大人可愛いスタイリッシュな花冠だって魅力的。
 
でも、甘いだけが女の子じゃないのです。
 
黒い花の持つクールさ、妖艶さと対照に、
小さくて愛らしいピンクの花の取り合わせがなんて小悪魔的。
 
凛とした美しさの中にも、かわいさが見え隠れするような
かっこいい女性に着けて欲しい、
スパイスのきいた、ちょっぴり毒のある花冠です。

 



>> ボタニカルシャビーなラナンキュラスのブローチ


ラナンキュラスの生産地はどんなところ?

冬から春になるこの季節、明るく色とりどりの花を探しに。
足を運んだのは、千葉県南房総市の生産者、青木園芸。
変わり咲きのラナンキュラスを栽培しています。

>> 片瀬那奈さんのフラワーノート File.01「ラナンキュラスの生産地」


 
>> 植物生活切り花図鑑 

 
  • すてき 0
  • クリップ
  • 埋め込み

この記事をシェアするには埋め込みコードをコピーしてSNSやブログに貼り付けてください。

この記事のライター

植物生活編集部
植物生活編集部

「植物生活」とは花や植物を中心とした情報をお届けするメディアです。 「NOTHING BUT FLOWERS」をコンセプトに専門的な花や植物の育てかた、飾り方、フラワーアート情報、園芸情報、アレンジメント、おすすめ花屋さん情報などを発信します。

直近の記事

関連記事