植物生活編集部 植物生活編集部 2021/05/14

フローリストオンラインサロン|第1回お題回トークライブ報告

サロン限定配信!オンラインサロンってこんな感じでした|第一回目


5月からはじまりました、雑誌フローリストのオンラインサロン。
たくさんのご入会ありがとうございます!
5月12日(水)に行われた、トークライブ&課題コンテンツの回のご報告します。

ご興味あるかたは、途中入会も大歓迎ですので記事したのバナーよりご入会ください。

第一回目は、ゲストに六本木で花屋を経営されている、KALIANgの横山恵美さんと、『東京のお花屋さん』著者で、雑誌フローリストのライター、櫻井純子さんをお迎えして、「気になる店とは」「六本木ギフト事情」から、「花屋さんと産地の関係性」までと話題は多岐にわたりディープなトークしていただきました。

トーク後の質問も、初心者にもわかりやすく、上級者にも「なるほど」と思うような内容に。
 

第一回 お題出し テーマ:映えるギフト

出演:横山恵美 (KALIANg)、櫻井純子 (ライター、『東京のお花屋さん』著者) 、大関真哉(植物生活編集長、元月刊フローリスト編集長)

配信:ZOOM、vimeo  

▶︎東京のお花屋さん事情 気になる花屋さんは?気になるギフトは?
▶︎跳ねるギフトとは?
▶︎産地と花屋さんの関係
▶︎ゲストの花屋さんでのこだわり、スタッフへの指導をどうしているか
▶︎今回のお題

など



 

会員の皆さんに出たお題:
具体的に花を贈る人、贈られる相手(というお客さん像)と、その背景・ストーリーを思い浮かべて(設定して)二人が喜ぶギフトデザイン(アレンジでも花束でも)を写真に収めて下さい


■贈る人と贈られる人を想定
フローリストの立場で考えると、思い浮かべる人は二人になります。注文をくれるお客様=贈る人、そして注文主が贈る先の人。生活環境がこんな人で、どういうシチュエーションで、どういう季節感、時代背景(例えばコロナ禍)などをふまえた皆様のデザインを見せて下さい!


会員で次回講評希望の方は
会員限定フローリストオンラインサロンLINEオープンチャットで投稿を受付中です。
 

投稿のしかたはこちらをご覧ください


>> オンラインサロン|講評会参加・お題提出方法


投稿締め切り:5月28日 20時ごろ


ご入会がまだの方は、下の申し込みバナーよりご入会可能です。
ライブのアーカイブもご覧いただけますので、是非途中入会お待ちしております。


フローリストオンラインサロン第1期

>> フラワーデザインで成功する!雑誌フローリストのオンラインサロンができました。1期会員募集



 
  • すてき 0
  • クリップ
  • 埋め込み

この記事をシェアするには埋め込みコードをコピーしてSNSやブログに貼り付けてください。

この記事のライター

植物生活編集部
植物生活編集部

「植物生活」とは花や植物を中心とした情報をお届けするメディアです。 「NOTHING BUT FLOWERS」をコンセプトに専門的な花や植物の育てかた、飾り方、フラワーアート情報、園芸情報、アレンジメント、おすすめ花屋さん情報などを発信します。

直近の記事

関連記事