jardin nostalgique jardin nostalgique 2週間前

ヒマワリのブーケ あわいろノスタルジー

こんにちは!jardin nostalgiqueの青江です。

7月に入り、ここ数日は急に夏のように気温の高い毎日になってきましたね。


 

お店の水道からもぬるま湯のような水が出てくることもしばしば。

そんな時は厨房のタカさんから氷をもらっては、花瓶の水を変える際にポイポイと放り込んでいます。

喫茶店でアイスコーヒーをストローでかき混ぜた時のようなカラカラという音は、jardin nostalgiqueでも夏の訪れを告げる1つになっています。


 

夏と言えばひまわり!ということで、

毎年開催しているヒマワリのブーケのレッスン。

今年は少し早めに開催して、先日最後のレッスンを終えました。


 

昨年は油絵のように重たい印象の黄色いブーケを、と、

鮮やかなトーンでまとめてみましたが、

その反動からか、今年は爽やかで淡いトーンでまとめることにしました。

タイトルはあわいろノスタルジー。

甘くなりすぎないように、少しセピアや褐色のニュアンスを入れて、jardin nostalgiqueらしくご提案しました。


 

ここ数年で出荷が増えた、ホワイトという名の付いた品種のヒマワリ

(ホワイトナイト、ホワイトムーンなど)は、

これまでのヒマワリにはない、透明感のある淡いクリーム色をしていて、

今年はこれらの品種を使いたい!と心に決めていたのでした。


 

向きがあって、平たい花のヒマワリは、

顔をちゃんと見せようとすると束ねるのが難しい花ですが、

横顔も後ろ姿も、上から見た様子も、どの向きから見た様子もかわいくて、

そのことに気づいて、どの向きでも良いやーと思って束ねると、

思わぬラフを持たせつつ、気軽に束ねられますよ!


特に、ひまわりだけを数本生ける時には、

全て前に向けずに、時に横、時に後ろに向ける花があると、

しっかり奥行を持たせることができます。


 

今回の色合わせで遊んだ点は、淡いブルーを入れてみたこと。

夏らしい爽やかなブルーを黄色の近くに運ぶか、褐色やセピアの近くに運ぶか・・・

はたまた光の良く当たる高い位置に配置するか
陰のように低く配置するかで、色の見え方が変わる点が面白さだったかなと思います。



どこかほっとする明るさひまわりのブーケ。

爽やかな風が吹き抜けるような印象でした。

皆さんにも、楽しく束ねていただけてほっと一息。



7月20日からはレッスンのみの営業、そして

8月はじめから夏期休業に入りますが、残るテーマはあと2つ。

さらに暑くなってきますが、この時期ならではのお花をお楽しみいただけるように

がんばりたいと思います。


 

  • すてき 0
  • クリップ
  • 埋め込み

この記事をシェアするには埋め込みコードをコピーしてSNSやブログに貼り付けてください。

この記事のライター

jardin nostalgique
jardin nostalgique

ジャルダン ノスタルジック、2012年にオープンした東京・神楽坂にあるフローリストの青江、フローリスト/パティシエの加藤が経営する花店。おもちゃ箱をひっくりかえしたような、懐かしくてわくわくするお店づくりをコンセプトにした店内には、青江・加藤が選んだ季節の花とともに、焼き菓子、ハーブティーや花器、フランスのブロカントなどの雑貨が所狭しと並んでいる。土日の15時からは店内の一角でカフェも営業中。

直近の記事