jardin nostalgique jardin nostalgique 3週間前

10周年を前に ~夏のブーケをとってつけて~

こんにちは!jardin nostalgiqueの青江です。

もう8月も後半、朝晩は涼しい日もありますね。

一昨日、いつもの調子で半袖で寝たら寒くて起きてしまったので、

昨晩は久しぶりに長袖をひっぱり出してきたら、意外と厚手のものでもしっくりきて、

夏が終わりに近づいているのを感じました。
 

お店は夏期休業に入りましたが、

今年の夏休みはお店の10年を振り返る作業に没頭しております。

というのも、2012年10月17日にオープンしたjardin nostalgiqueはもうすぐ10周年。

10歳のお誕生日が間近なのです。
 

8周年、9周年の際にも何かお祝い的なことをしたい!と思いつつも、

コロナ禍だったこともあり

「・・・それは10年の節目に」と先送りすることで、

お店のお誕生日のお祝いにかける時間が若干少なかったのですが、

その10年の節目がいよいよやってきた今年、

jardin nostalgiqueをたくさんお祝いしてあげたい!

と思って、イベントを開催することを計画しました。
 

ただ、何事も計画が遅いのが特徴。

夏期休業に入ってようやく

さて一週間ほど借りられる会場を、と思って方々連絡を入れてみたところ、

どこも今年はいっぱい。
 

あららー、と。

それはそれで、お店での開催も良いかなーと思った時に

知らない電話番号からの着信に出たところ、

「10月、一週間空きができますよー」とのご案内が。

綱渡りでなんとか物事がうまくいくことが多いこの10年をまた思い出しつつ、

今回も幸運が訪れたことには、

お店が本当にお祝いしてほしがっているのかも!と思えてならないのでした。
 

そんなこんなで、ご縁のあったギャラリーにて、

10月に一週間のイベントを開催する計画を立てています。

詳細は決まったら改めてご案内したいなと思っていますので、

もう少々お待ちくださいね。
 

タカさんとの話し合いの中で、イベントの中で

「何を一番大切にしたいか」ということを見失わないように!と心に決めました。

自分の中では、

「お店の10歳のお祝いをみんなで楽しく共有したい!」

ということが核かなーと思っています。
 

子供の成長をアルバムを見て懐かしむように、

知ってる人にも知らない人にも、

jardin nostalgiqueの10年の思い出を自分たちらしく紹介して、

共有する時間を楽しんでもらえたら。
 

なんとも親バカな企画。


 

でも、お店の今までの10年を振り返ることが

お店で生まれたすべてのご縁を再確認しつつ、

皆様からのご依頼、応援に感謝する時間の積み重ねになっていて、

それを何らかの形にしてお披露目することが

皆様へのお礼になるのではないかと思っています。
 

会場には自分たちもいつもいられるか分からないのですが、

お店の空気を会場に運んで、

みんなにほっこりした時間を楽しんでもらえるイベントにできるようにしたいと思います。

お越し頂けない皆様にも、何か楽しんでもらえることも考えたいな。


 

というわけで、今年の夏期休暇は結構忙しい!

やり慣れないことがいっぱいですが、

無事にご案内できるようになるまで、精一杯がんばります!
 

そして、お店は9月14日~のオープンです。

その前後には、しっかりご案内できるようにしたいと思っていまーす!!


 

さて、何のお花の話題もなかった今回のコラムは、

前回のゴーギャンのブーケに続く夏のブーケ第二弾、

「海辺のブーケ」を、とってつけたいと思います。

海と空のアジュールブルー、光をイメージする橙色のマンダリンをあわせて。

夏ならではのお花を用いて、

海辺をあははーって、駆け回る時に持つと良いブーケです。

結局今年はそんな時間はなかったけれどー。

空想の中ではいつもあははーって駆け回ってますので、

そこから出てきたブーケだよ、ということで!

 

  • すてき 0
  • クリップ
  • 埋め込み

この記事をシェアするには埋め込みコードをコピーしてSNSやブログに貼り付けてください。

この記事のライター

jardin nostalgique
jardin nostalgique

ジャルダン ノスタルジック、2012年にオープンした東京・神楽坂にあるフローリストの青江、フローリスト/パティシエの加藤が経営する花店。おもちゃ箱をひっくりかえしたような、懐かしくてわくわくするお店づくりをコンセプトにした店内には、青江・加藤が選んだ季節の花とともに、焼き菓子、ハーブティーや花器、フランスのブロカントなどの雑貨が所狭しと並んでいる。土日の15時からは店内の一角でカフェも営業中。

直近の記事

関連記事