植物生活編集部 植物生活編集部 2016/12/23

色合わせで、小さな草花の花束をつくってみた

同じ色で

 
色とりどりの花々。選択肢が多いだけに色合わせに迷いますが、
同系色でまとめれば簡単です。
元気が欲しいときにはビタミンカラーの黄色を。
添える葉物は明るい黄緑が合います。


how to make 01

切り分けたアルケミラロブスタを2本持ちます。

how to make 02

ラナンキュラスを1本、アルケミラロブスタの真ん中にくるように入れます。

how to make 03

続けてラナンキュラスをバランスよく入れます。
それぞれの花がくっつき過ぎないよう、
アルケミラロブスタをクッションにして。

how to make 04

クラスペディアをラナンキュラスの間に入れ、
最後に残していたアルケミラロブスタを花束の形が丸くなるように入れて完成です。
ポイントはアルケミラロブスタは茎の分岐点で切り分け、
3本くらいに分けるのがベターです。
花束を持つ手のところから下の部分の葉は取り除いておきましょう。
 

variation

青の花束
水色と紫の小さな花を集めて作った花束は、まるでアジサイのような赴きで潤いを感じさせてくれます。使う色は1色でも濃淡をつけて選ぶと、立体感と奥行きが出せます。
flower & green materials
◎ブルースター
◎ギリア
◎ミント
◎レモンリーフ

ピンクの花束
柔らかなピンクでまとめれば甘くロマンチックに仕上がります。小振りな花だけだと甘くなりすぎるので、バラのようにクラシカルな形のものを選ぶと品がよくまとまり、メリハリもつきます。
flower & green materials
◎バラ
◎スカビオサ
◎ブバリア
◎ツインキャンドル
◎ベロニカ
◎ユーカリ

text & photo 月刊フローリスト 撮影/三浦希衣子
 
教えてくれたお花屋さん 植物生活プロ
名前:小野木彩香 ayaka onogi
プロフィール:東京都内を中心にレストラン装飾、ウエディングなどを主とした活動をしている。
お店:北中植物商店 
住所:東京都三鷹市大沢6-2−19
http://www.kitanakaplants.jp/

  • 0
  • クリップ
  • 埋め込み

この記事をシェアするには埋め込みコードをコピーしてSNSやブログに貼り付けてください。

この記事のライター

植物生活編集部
植物生活編集部

「植物生活」とは花や植物を中心とした情報をお届けするメディアです。 「NOTHING BUT FLOWERS」をコンセプトに専門的な花や植物の育てかた、飾り方、フラワーアート情報、園芸情報、アレンジメント、おすすめ花屋さん情報などを発信します。

直近の記事

関連記事