植物生活編集部 植物生活編集部 27ヶ月前

ドライフラワーで小さな花束をつくってみた

ドライフラワーで

 
水いらずで軽いドライフラワーは、
飾る場所を限定しない分楽しみ方は自由自在!
ただし、崩れやすく脆いので扱いは丁寧に。
アンティークな色みは和にも洋にもよく合います。


how to make 01

アジサイ2本を合わせます。
同じ色のアジサイでもよいですが、
色違いだと面白い印象になります。
 

how to make 02

アジサイはなるべく丸くなるように束ねて持ちましょう。

how to make 03

大きなものから入れていきましょう。
リューカデンドロン→ジニア→アストランチアの順で、
同じ花を固めるようにアジサイの形に沿わせていきます。

how to make 04

仕上げにワイヤーを掛けたペッパーベリー、
スモークツリー、ユーカリの実と、
ラムズイヤーを花束の間に挿し込んでいき、完成。

point

ポイントは丈が短いものも、
ドライなら水を気にすることがないので
ワイヤーを掛けてパーツとして使うことができるのがメリット。
特に実などはこの手法が重宝しますよ。

ワイヤーかけてみる

まず生花用のワイヤー
(花の資材店や大きな手芸店などで購入できます)を用意しましょう。
番手#22というサイズのワイヤーを二つ折りにします。
折り目に素材を当てて、片方のワイヤーを持ち、
茎ともう片方のワイヤーをいっしょにグルグル巻きます。
2~3回巻けばOK。
上から緑や茶色のフローラルテープ
(こちらも花の資材店や大きな手芸店などで購入できます)で
テーピングするとワイヤーが目立たなくなりますよ。
 







text & photo 月刊フローリスト 撮影/三浦希衣子
 
教えてくれたお花屋さん 植物生活プロ
小野木彩香 ayaka onogi
東京都内を中心にレストラン装飾、ウエディングなどを主とした活動をしている。

北中植物商店 
東京都三鷹市大沢6-2−19
http://www.kitanakaplants.jp/









 

  • すてき 1
  • クリップ
  • 埋め込み

この記事をシェアするには埋め込みコードをコピーしてSNSやブログに貼り付けてください。

この記事のライター

植物生活編集部
植物生活編集部

「植物生活」とは花や植物を中心とした情報をお届けするメディアです。 「NOTHING BUT FLOWERS」をコンセプトに専門的な花や植物の育てかた、飾り方、フラワーアート情報、園芸情報、アレンジメント、おすすめ花屋さん情報などを発信します。

直近の記事

関連記事