植物生活編集部 植物生活編集部 16ヶ月前

植物を絡めてつくる、優しいリースの作り方アイデア

優しいリースづくり

 
季節の美しさ、植物の力強さを閉じ込めた
実ものの蔓をたくさん絡めて、リースに仕上げました。
淡い紫、水色、黄緑、黒など、実の持つ色合いに時の移ろいを感じます。
ただ絡めるだけ、ナチュラルな素材の魅力を引き出すように。

01

ノブドウの蔓やコクサギの枝を輪にする。つなぎめをワイヤーで巻き留める。

02

それを土台にして、どんどん蔓を絡めていく。ここからはワイヤーは不要。

03

蔓を絡めた様子。蔓と蔓の間に縫うように絡めていけばきちんと固定される。

04

ムラサキシキブは適度な長さに切って、後から加える。輪の流れに沿って。

05

全体に散らすようにムラサキシキブの明るい紫が入ると、色に弾みが出る。

06

コクサギも実のところを見せるために、短く切って差し込んでいく。

07

完成。思うままに植物を絡ませて作る自然のリース。
置いても、掛けても。
 
 

重なり合う枝と蔓の層、その合間から見える実の宝石たち。
どうしてこんなにもきれいな色に染まるのか、色調に見惚れる佇まいは秋ならではの装い。
素材の姿を生かしたシンプルリースは、このままドライになっても魅力的。
 
text & photo 月刊フローリスト 撮影/野村正治
 
教えてくれた人
名前:谷 匡子 masako tani
プロフィール:1986年アトリエ ドゥセを設立。挿花家として活動中。
アトリエ:ドゥセ
http://www.tanimasako.com/

  • すてき 0
  • クリップ
  • 埋め込み

この記事をシェアするには埋め込みコードをコピーしてSNSやブログに貼り付けてください。

この記事のライター

植物生活編集部
植物生活編集部

「植物生活」とは花や植物を中心とした情報をお届けするメディアです。 「NOTHING BUT FLOWERS」をコンセプトに専門的な花や植物の育てかた、飾り方、フラワーアート情報、園芸情報、アレンジメント、おすすめ花屋さん情報などを発信します。

直近の記事

関連記事