植物生活編集部 植物生活編集部 66ヶ月前

これが本当の「スワッグ」の歴史 [01]

スワッグって?


最近、クリスマスにスワッグ(swag)という言葉を見たり聞いたりするようになりましたね。
インターネットには「スワッグとはドイツ語(あるいはドイツ)の壁飾り」と書かれています。
ですが、本当の歴史については、どこも信用ならない情報ばかりです。

いま人気がある壁飾りは花束を逆さにしたようなものですが、
これはイギリスでは「スワッグ」ではなく「ハンギング・バンチ」とか「スプレイ」と呼ばれていた記憶がありますが、
言葉は時代とともに意味も変化していきますので、最新の英英辞典でスワッグの定義を調べてみました。
1:中央が垂れ下がったガーランド
2:葉・花・果実からなるリース、クラスター(房飾り)、スプレイ(枝飾り)
3:フェスツーン
現在、スワッグという英語は総じて壁飾りをさします。
そして、前述の束ねるタイプのスワッグは2のスプレイにあてはまります。
世界で一番古い花飾りは花や葉を結んで紐状にするガーランドで、
紀元前十四世紀のエジプトではツタンカーメン王のミイラの首や柩を飾っていました。
ガーランドを輪にしたものがリース(花輪)で、
頭にかぶるとサークレット(花冠)と呼ばれ古代ギリシャ・ローマで一般的になっていきました。

ルネッサンス時代、ガーランドは豪華になり花・葉以外に果実・木の実・リボンで飾られフェスタ(祭り)にふさわしい飾りとなりました。
ここからフェスツーン(花綱)という言葉が生まれます。
(フェスツーンは彫刻や壁画、布・紙などの装飾模様にも表現され、現在でも定番の古典模様となっています。)
 
text & photo 月刊フローリスト
 
教えてくれた人

伊達けい子
津田塾大学大学院卒業後、ロンドンのコンスタンス・スプライ・フラワースクール卒業。テクノ・ホルティ園芸専門学校講師。



>>これが本当の「スワッグ」の歴史 [02]
>>これが本当の「スワッグ」の歴史 [03]





 

植物生活LINE@はじめました!お友達登録はこちら

  • すてき 0
  • クリップ
  • 埋め込み

この記事をシェアするには埋め込みコードをコピーしてSNSやブログに貼り付けてください。

この記事のライター

植物生活編集部
植物生活編集部

「植物生活」とは花や植物を中心とした情報をお届けするメディアです。 「NOTHING BUT FLOWERS」をコンセプトに専門的な花や植物の育てかた、飾り方、フラワーアート情報、園芸情報、アレンジメント、おすすめ花屋さん情報などを発信します。

直近の記事

関連記事