植物生活編集部 植物生活編集部 35ヶ月前

ドイツ国家認定フロリストマイスターに習う!ハーブが香るスワッグ

ドイツ国家認定フロリストマイスターに習う 春のスワッグレッスン

 
ドイツの花店に長く勤務し、
数々の壁飾りやドア飾りを制作した経験を持つ
ドイツ国家認定フロリストマイスター髙智美乃さんに、
簡単でアイデア溢れる
スワッグの作り方を教えてもらいます。

香る葉物がメインのベーシックスタイル
束ねて吊るすだけの、
日本での定番スワッグ。
ユーカリやオリーブなど香りのよい葉物に
ハーブを合わせ、生花をそのままドライとして
楽しめるように制作しましょう。
質感の異なるグリーンの濃淡の中で、
ラベンダーとペッパーベリーが色のアクセントになります。
 

準備するもの

〇ペッパーベリー
〇ユーカリ
〇オリーブ
〇ミント
〇ラベンダー
〇ローズマリー
などお好きなハーブ類

How to Make















Point

ミント以外の材料は、
制作の際に結束ポイントより下にくる葉は除かずに使用しましょう。
ドライになって花材がやせても、
葉がストッパーになって抜け落ちることが防げます。
束ねる手法はスパイラルで。
広がりとボリュームが出せるため。
材料の配置はグルーピングで。
ドライになってもバラけることなく色も映えます。
カビなどの発生を防ぐために生花は新鮮なものを使い、
完成したスワッグは風通しのよい場所に吊るしましょう。
 
 
text & photo 月刊フローリスト 撮影/タケダトオル
 
教えてくれたお花屋さん 
髙智美乃  MinoKochi
愛媛県松山市出身。2005年よりドイツ・ミュンヘン市内の花店で働き始め、09年にドイツ国家認定フロリストマイスター取得。約10年間のミュンヘン滞在を経て15年秋に帰国、現在は地元愛媛を拠点に日本各地で活動中。公益社団法人日本フラワーデザイナー協会講師、厚生労働省認定フラワー装飾技能士1級。
www.hanatomimino.com
 

 

植物生活LINE@はじめました!お友達登録はこちら

  • すてき 1
  • クリップ
  • 埋め込み

この記事をシェアするには埋め込みコードをコピーしてSNSやブログに貼り付けてください。

この記事のライター

植物生活編集部
植物生活編集部

「植物生活」とは花や植物を中心とした情報をお届けするメディアです。 「NOTHING BUT FLOWERS」をコンセプトに専門的な花や植物の育てかた、飾り方、フラワーアート情報、園芸情報、アレンジメント、おすすめ花屋さん情報などを発信します。

直近の記事

関連記事