植物生活編集部 植物生活編集部 34ヶ月前

アンティークで大人な「ラナンキュラスの花冠」の作り方

ラナンキュラスのスパイスクラウン

 
ピンクでガーリーな王道の花冠もかわいい。
大人可愛いスタイリッシュな花冠だって魅力的。
 
でも、甘いだけが女の子じゃないのです。
 
黒い花の持つクールさ、妖艶さと対照に、
小さくて愛らしいピンクの花の取り合わせがなんて小悪魔的。
 
凛とした美しさの中にも、かわいさが見え隠れするような
かっこいい女性に着けて欲しい、
スパイスのきいた、ちょっぴり毒のある花冠です。
 
 

FLOWER & MATERIAL


つかったお花
○ ラナンキュラス(アミズミズ、フレジス)
○ エリカ
○ ミント
○ コケ
 
つかったアイテム
○ #18・28ワイヤー
○ フローラルテープ
 
※ エリカ、コケ以外のお花は先にワイヤリング、保水、
テーピングをしてパーツにしてください。
 
 

How to Make


1 #18ワイヤーにブラウンのフローラルテープを巻いてカバーし、
それを2本つなげて土台をつくります。
土台の端に花の房がくるようにエリカを置き、
半分に切った#28ワイヤーで直接土台に巻き付けていきます。
 
 

2 1のエリカと逆向きに、2本目のエリカを同じように
ワイヤーで巻き付けます。
余分なワイヤーはハサミでカットしてOK。
 
 

3 1と2を繰り返して、土台の両端5cmほどを残して
エリカを巻き付けていきます。
 
 

4 ラナンキュラス、ミントを#28ワイヤーで土台にねじり留め、
パーツ自体のワイヤーも土台に絡めます。
 
 

5 花をつけ終わったら、土台の両端を折り曲げて引っ掛けます。
パーツのワイヤーが目立つところはコケでカバーしましょう。
 
 



6 リボンを2本用意します。まず1本を土台に結びます。
その上にもう1本のリボンを肩輪結びして完成です。
 
 
text & photo 月刊フローリスト 撮影/佐々木智幸
 

もっと花冠を知りたい!そんな人はコチラ。


ウェディングだけでなく、今やファッションの一部としても取り入れられている花冠(はなかんむり)。
幼い頃にシロツメクサで花の冠を作った思い出を持つ人も多いのではないでしょうか。

そんな花冠の作例と作り方を、センス抜群・選りすぐりのプロフローリストたちが教えてくれました。

大輪の花で作る華やかなもの、草花のようにたおやかな花で作る素朴なもの、
クールな素材合わせのインパクト大!なものなど
さまざまなテイストの花冠と、その作り方を写真で丁寧に解説。
初心者にもわかりやすく、プロの方のアイデア集としてもおすすめです。

自分で身に着けるために作っても、結婚する友人のためにでも、発表会を迎える子どもさんのためにもよし。
ドライになる素材で作って思い出とともに飾っておくのもすてきです。

身に着けてうきうき、贈ってうれしい、作って楽しい!
花冠の世界へ、ようこそ。
フローリスト編集部 編 
定価:本体1,600円+税 
ISBN978-4-416-61548-5



植物生活LINE@お友達登録はこちら!
  • すてき 0
  • クリップ
  • 埋め込み

この記事をシェアするには埋め込みコードをコピーしてSNSやブログに貼り付けてください。

この記事のライター

植物生活編集部
植物生活編集部

「植物生活」とは花や植物を中心とした情報をお届けするメディアです。 「NOTHING BUT FLOWERS」をコンセプトに専門的な花や植物の育てかた、飾り方、フラワーアート情報、園芸情報、アレンジメント、おすすめ花屋さん情報などを発信します。

直近の記事

関連記事