植物生活編集部 植物生活編集部 54ヶ月前

サムシングブルーを取り入れたムスカリの花冠の作り方

ムスカリブルーのモスクラウン

 
最近、ヘアアレンジに花冠を取り入れる
花嫁さんを見かけることが多くなりました。
 
世界で1番しあわせな日の
サムシングブルーのおまじない。
 
ヨーロッパでは、青いものは、
純潔や清らかさの象徴とされていて、
花嫁が結婚式当日に青いものを身に着けていると
幸せな生活を送ることができる、
という言い伝えられているんだそうです。
 
ウェディングシーンに欠かせない
幸せのサムシングブルーを、
ムスカリの優しい色合いで取り入れたデザイン。
 
世界で1番きれいな新婦を彩る優しい青。
淡いブルーが幸せをそっと運んできてくれます。
 
 

FLOWER & MATERIAL


つかったお花
○ ムスカリ
○ セダム
○ コケ
 
つかったアイテム
○ #18・28ワイヤー
○ フローラルテープ
 
※ムスカリ、セダムは先にワイヤリング、保水、
テーピングをしてパーツにしておきましょう。
 
 

How to Make


1 #18ワイヤーにブラウンのフローラルテープを巻いてカバーし、
それを2本つなげて土台にします。
両端は輪にして引っ掛けておきましょう。
 
 

2 コケを一掴み持ち、土台に沿わせていきます。
コケを#28ワイヤーでぐるぐる巻きながら土台に固定します。
 
 

3 2を繰り返して、土台すべてにコケを巻き付けます。
 
 

4 コケが巻き終わったら、セダムのパーツを上から巻き付けていきます。
 
 

5 セダムを全体にバランスよく配置したら、
ムスカリも巻き付けていきます。
 
 

6 土台やパーツのワイヤーが見えているところには
コケを直接巻いてカバーしていきましょう。
 
 
text & photo 月刊フローリスト 撮影/佐々木智幸
 

もっと花冠を知りたい!そんな人はコチラ。


ウェディングだけでなく、今やファッションの一部としても取り入れられている花冠(はなかんむり)。
幼い頃にシロツメクサで花の冠を作った思い出を持つ人も多いのではないでしょうか。

そんな花冠の作例と作り方を、センス抜群・選りすぐりのプロフローリストたちが教えてくれました。

大輪の花で作る華やかなもの、草花のようにたおやかな花で作る素朴なもの、
クールな素材合わせのインパクト大!なものなど
さまざまなテイストの花冠と、その作り方を写真で丁寧に解説。
初心者にもわかりやすく、プロの方のアイデア集としてもおすすめです。

自分で身に着けるために作っても、結婚する友人のためにでも、発表会を迎える子どもさんのためにもよし。
ドライになる素材で作って思い出とともに飾っておくのもすてきです。

身に着けてうきうき、贈ってうれしい、作って楽しい!
花冠の世界へ、ようこそ。
フローリスト編集部 編 
定価:本体1,600円+税 
ISBN978-4-416-61548-5
 



植物生活LINE@お友達登録はこちら!
  • すてき 0
  • クリップ
  • 埋め込み

この記事をシェアするには埋め込みコードをコピーしてSNSやブログに貼り付けてください。

この記事のライター

植物生活編集部
植物生活編集部

「植物生活」とは花や植物を中心とした情報をお届けするメディアです。 「NOTHING BUT FLOWERS」をコンセプトに専門的な花や植物の育てかた、飾り方、フラワーアート情報、園芸情報、アレンジメント、おすすめ花屋さん情報などを発信します。

直近の記事

関連記事