植物生活編集部 植物生活編集部 60ヶ月前

つくってみませんか?クリスマスローズでしあわせの花冠

一重クリスマスローズで清楚に

 
クリスマスカラーというと、
赤や緑を思い浮かべますが
クリスマスローズはピンクや白、
そして明るくて優しい色合いの
黄色なんかもあるんです。

しあわせの花冠、ラストを飾るのは、
清楚で清らかな印象の、
一重のクリスマスローズ。
 
主役である黄色いクリスマスローズの
存在を印象的にするために、コントラストを意識。
周りを彩る小さなお花をより細かくして、
対照的にまとめてみました。
 

 

FLOWE&MATERIAL

 
つかったお花
○ クリスマスローズ
○ スカビオサ “オズシルキー”
○ キャロットフラワー
○ ニゲラ
 
つかったアイテム
○ #18、24~28ワイヤー
○ フローラルテープ
 
※ お花はすべて先にワイヤリング、保水、
テーピングをしてパーツにしておきましょう。
 
 

How to Make


1 すべての花をワイヤリングしてパーツにしておきます。
キャロットフラワーは分解して小さく使うのがおすすめです。
 
 

2 #18ワイヤー1本を約53cmに切って、
ブラウンのフローラルテープで巻き、
片端を輪にしてねじって留めます。
 
 

3 輪を隠すように、キャロットフラワーのパーツを
縦に2つ入れてフローラルテープで2~3回巻いて留ます。
次にニゲラの蕾を置きましょう。
 
 

4 キャロットフラワーとニゲラが細く並ぶように、どんどん巻いていきます。
ニゲラやクリスマスローズの蕾も余さずパーツとして使いましょう。
 
 

5 ポイントにしたい箇所には大きな花を入れます。
そうすることでボリュームとデザインのメリハリが出ます。
入れ方は3のつくり方と一緒です。
 
 

6 土台が残り4 ~5cmほどのところまで花を入れたら、
土台のワイヤーを折り曲げて輪を作り、
輪の付け根をフローラルテープで巻いて留めます。
 
 

point

キャロットフラワーは繊細さを生かすため小さく使います。
手でつまんで取ると作業がしやすくなります。
細かくしたものを数本まとめて茎を切り揃えワイヤリングします。
切れやすいので細い#28ワイヤーを使いましょう。
 
 
text & photo 月刊フローリスト 撮影/タケダトオル
 
教えてくれたフラワーショップ
bois de gui(ボワドゥギ)
大阪府大阪市中央区北浜2-1-16-1F 
http: //bond-botanical.jp/
 
 

もっと花冠を知りたい!そんな人はコチラ。


ウェディングだけでなく、今やファッションの一部としても取り入れられている花冠(はなかんむり)。
幼い頃にシロツメクサで花の冠を作った思い出を持つ人も多いのではないでしょうか。

そんな花冠の作例と作り方を、センス抜群・選りすぐりのプロフローリストたちが教えてくれました。

大輪の花で作る華やかなもの、草花のようにたおやかな花で作る素朴なもの、
クールな素材合わせのインパクト大!なものなど
さまざまなテイストの花冠と、その作り方を写真で丁寧に解説。
初心者にもわかりやすく、プロの方のアイデア集としてもおすすめです。

自分で身に着けるために作っても、結婚する友人のためにでも、発表会を迎える子どもさんのためにもよし。
ドライになる素材で作って思い出とともに飾っておくのもすてきです。

身に着けてうきうき、贈ってうれしい、作って楽しい!
花冠の世界へ、ようこそ。
フローリスト編集部 編 
定価:本体1,600円+税 
ISBN978-4-416-61548-5




月間フローリスト発売中!



植物生活LINE@お友達登録はこちら!
  • すてき 0
  • クリップ
  • 埋め込み

この記事をシェアするには埋め込みコードをコピーしてSNSやブログに貼り付けてください。

この記事のライター

植物生活編集部
植物生活編集部

「植物生活」とは花や植物を中心とした情報をお届けするメディアです。 「NOTHING BUT FLOWERS」をコンセプトに専門的な花や植物の育てかた、飾り方、フラワーアート情報、園芸情報、アレンジメント、おすすめ花屋さん情報などを発信します。

直近の記事

関連記事