植物生活編集部 植物生活編集部 27ヶ月前

フロリストマイスターが教える質感を生かした「木の枝のリース」

切り枝を組み上げて作るリース

 
ドイツ国家認定フロリストマイスター橋口学さんによる、
植物の個性を生かしたリース作りのテクニックをご紹介します。
 
 
今回は、木の枝のリースです。
木の枝の質感や、枝分かれには独特の面白さがあります。
枝をカットしてリング状に組み上げるリースなら、
その魅力が生き生きと力強く表現できます。
枝をカットする際に、何の枝なのかわかる程度の長さにすることが、
植物の造形として理想的なリースに仕上げるポイント!

用意するもの

花材
◎シャクナゲ(40㎝) 20本
資材
◎♯12番線(直径25㎝のリング状)
◎リースワイヤー
◎フローラルテープ

ポイント

◎弾力性のない、かたい枝でもリング状に形作ることのできる方法。
◎枝をカットするときは、その特徴を生かして長短をつけて切り分ける。
◎土台となる枝は太く丸みのあるもの、内部には細めの枝を入れる。

作ってみよう!
























 
text & photo 月刊フローリスト 写真/中島清一
 
教えてくれた人
橋口 学 Manabu Hashiguchi
ドイツ国家認定フロリストマイスター。
『フロリストマイスターが教える 初心者からわかる 季節のフラワーリース基礎レッスン』(誠文堂新光社)が好評発売中。
全49点のリースの作り方を詳細に解説。
http://www.h-arrangements.com


植物生活BOOKS刊行!

 
  • すてき 0
  • クリップ
  • 埋め込み

この記事をシェアするには埋め込みコードをコピーしてSNSやブログに貼り付けてください。

この記事のライター

植物生活編集部
植物生活編集部

「植物生活」とは花や植物を中心とした情報をお届けするメディアです。 「NOTHING BUT FLOWERS」をコンセプトに専門的な花や植物の育てかた、飾り方、フラワーアート情報、園芸情報、アレンジメント、おすすめ花屋さん情報などを発信します。

直近の記事

関連記事