植物生活編集部 植物生活編集部 36ヶ月前

甘さを控えてワクワクする リボンで「ハンサムデザイン」に

ポップな色とデザインをディスプレーに取り込んで

 
リボンをつかうと、アレンジメントに
大きな要素を加えることができます。
そんな、リボンづかいのアイデアをご紹介します。
 
大小2つのガラスの花器を入れ子にし、
小さいほうに包装紙などを貼って
オリジナル花器として見せるのは、ディスプレーの際によく使う手法ですが、
今回は、それをリボンで。
 
花器の間にはガムボールを入れ、
子供のバースデーパーティーなどにぴったりの楽しい雰囲気に仕上げることができました。

使用リボン

HOW TO MAKE









CHECK POINT

ガムボールを入れる高さを考えて、3本のリボンを貼る。
貼ったあとに位置を微調整。花器自体にはリボンを留めていないので、動かすことが可能に。
 

リボンならではの色や質感が、花に新鮮な表情を与えてくれる

 
リボンを使うと、どうしても「甘い雰囲気」になってしまいます。
しかし今回は、“ハンサムデザイン”
上質なカジュアルをテーマに、
甘さを控えたデザインを提案します。
花では表現できない多彩な色や質感が、
ワクワク感や楽しさの演出に一役買ってくれる存在です。
 
text & photo 月刊フローリスト 撮影/徳田 悟
 
 
教えてくれたお花屋さん

今井純子 Junko Imai
東京都出身。大学卒業後に銀座の画廊でデザイン業務に携わったのち、花に魅せられ、イギリスのポー
ラ・プライク フラワースクールに留学。帰国後はフリーのフラワーデザイナーとして活動し、2010年、東
京・自由が丘にフラワーセレクトショップ「ブルーム&ストライプス」を開業。フラワーギフト、ウェディングや
パーティー装花、ショップや広告のフラワースタイリングなど多岐に渡り活動中。
 
BLOOM&STRIPES ブルーム&ストライプス
東京都世田谷区奥沢5-14-1 
http://www.bloom-and-stripes.com/
 

  • すてき 0
  • クリップ
  • 埋め込み

この記事をシェアするには埋め込みコードをコピーしてSNSやブログに貼り付けてください。

この記事のライター

植物生活編集部
植物生活編集部

「植物生活」とは花や植物を中心とした情報をお届けするメディアです。 「NOTHING BUT FLOWERS」をコンセプトに専門的な花や植物の育てかた、飾り方、フラワーアート情報、園芸情報、アレンジメント、おすすめ花屋さん情報などを発信します。

直近の記事

関連記事