植物生活編集部 植物生活編集部 24ヶ月前

花束の保水処理って、どうやるの?

花束の水分補給

 
 
例えば持ち歩く間花束がしおれてしまわないように、
水を与えられるようにする処理のことを「保水」(ほすい)と言います。

花束をラッピングするときにこの保水処理は必須。
水が漏れないようにきちんと保水して、
花をきれいな状態で保てるようにして贈りましょう。
ドライにするものや渡してすぐに飾ってもらえる場合などは
保水しないこともあります。
 
 
 

01. キッチンペーパー(ここでは保水用の専用シートを使用)を
花束の結び目より下の2 倍ほどの長さに切り、
そこに花束の茎部分を置いてペーパーを2つ折りにします。
 
 
 

02. 2つ折りにしたペーパーの余った部分を、
花束の後ろ側に折り込んでいきます。
 
 
 

03. 折り込んだ様子。緩いと袋に入れづらいので、きっちりと折りましょう。
 
 
 

04. 03を水に浸けます。ペーパーがしっかり水を含むようにたっぷりと浸けましょう。
 
 
 

05. ペーパーの水を絞ります。このとき絞り過ぎると
水がすぐ乾いてしまうので注意。
袋に入れて漏れてこないくらいが目安です。
 
 
 

06. ビニール袋に入れます。ビニール袋の代わりに銀紙で包んでもOK。
 
 
 

07. ビニール袋の口をテープで1周し、しっかりと留めます。
テープは端を少し折って貼り、
開けやすいようにしておくことがポイント。
 
 
 

08. 留めた様子。中の水が漏れてこないように丁寧に処理をしましょう。
 
あくまでも保水処理なので、持ち帰ったらきちんと水に生けましょう。
 
 
 
text & photo 月刊フローリスト 写真/三浦希衣子

 

花束の方法をもっと知りたい、という方はこちら


小さな花束の本

著者名: 小野木 彩香
部屋に、玄関に、机の上に、ちょこっとあるだけで幸せ気分にしてくれる「花」。
そんな花たちをただ飾るだけではなくて、
自分の手ですてきな花束にできるとしたら、もっと楽しいと思いませんか……?

本書では初心者にも簡単にできる「小さな花束」の作り方、作例を紹介。
大きくて本格的な花束は作るのが難しいけれど、
小さな花束ならコツさえ掴めばばっちり。
1本の大きな花や枝を切り分けて、いろいろな花をミックスして、庭の花を摘んできて--
その楽しさ、愛らしさは無限大!

しかも小さくてかわいいサイズなので、飾るのも空き瓶やマグカップでOK、
何かのプレゼントにあわせる+αのギフトとしても最適です。
花束の作り方だけでなく、お洒落な飾り方、ラッピングの方法、花の基本的な扱い方も掲載しているので
この1冊で「作る」「飾る」「贈る」手法をしっかり学ぶことができます。

作って、飾って、贈って、そして、癒されて。
小さな花束で暮らしに潤いを、ぜひ。
ISBN: 978-4-416-71554-3
定価:本体1,300 円+税


スワッグの素敵な写真お待ちしています!~5月8日まで


 

植物生活LINE@はじめました!お友達登録はこちら

  • すてき 0
  • クリップ
  • 埋め込み

この記事をシェアするには埋め込みコードをコピーしてSNSやブログに貼り付けてください。

この記事のライター

植物生活編集部
植物生活編集部

「植物生活」とは花や植物を中心とした情報をお届けするメディアです。 「NOTHING BUT FLOWERS」をコンセプトに専門的な花や植物の育てかた、飾り方、フラワーアート情報、園芸情報、アレンジメント、おすすめ花屋さん情報などを発信します。

直近の記事

関連記事