植物生活編集部 植物生活編集部 2017/03/26

ウインターベリーでクリスマスを彩る

和のイメージが一新! 

鮮やかな赤色と大きな実。
日本では和の花材としての印象が強いウメモドキですが、
オランダではクリスマスシーズンの定番花材のひとつです。
日本ですでに流通しているウメモドキとは種が異なり、原産地は北米。
オランダはもとより‘ウインターベリー’という名で日本でも流通しています。

ウインターベリー’は従来のウメモドキが大枝で流通しているように、
一般的な栽培だと5mもの大木に育ってしまうもの。
そこを一般的な切り花感覚で使えるように工夫を施し、
フローリストの皆さんにより使いやすい
コンパクトな仕立てで生産しているのが
福島県のJAすかがわ岩瀬西洋ウメモドキ班。
しっかり水を吸ってぷりぷりとした質感が愛らしい。
リース作りやクリスマスギフトの花材として様々な使い方が楽しめそうです。

ここでは、ウインターベリーを使ったいくつかのアレンジをご紹介します。

まずは、ウインターベリーのクリスマスリースをご紹介。
ウインターベリーとヘデラベリー、色の異なる2種のベリーが際立ちます。
ハーブやヘデラの瑞々しいグリーンとの組み合わせで、清らかなイメージに。
 

マツカサをブラウンの濃淡で形作ったボール状のスワッグ。
ウインターベリーの赤とフレッシュさがアクセントになり、印象的なアレンジに。

素朴な風合いのテラコッタを白くペイントしてクリスマス仕様に。
カジュアルなダイニングにぴったり。
楽しい雰囲気を演出してくれるアレンジです。


制作/横田由理子 Yuriko Yokota
プロフィール:渋谷区神宮前に本店を構えるフルリストボンマルシェ統括マネージャー。株式会社パーク・コーポレーション、株式会社アリストフローなどで店長、商品企画、ブランドマネージャーなどを経て2013年より現職に。こだわりのある生産地の花を日々の暮らしのなかで楽しんでもらえる店作りを心がけている。

お店:FLEURISTE BON MARCHE ROSE 渋谷モディ店 
住所:東京都渋谷区神南1-21-3 渋谷モディ1F 
http://fleuristebonmarche.com/

text&Photo 月刊フローリスト、撮影/野村正治

  • 0
  • クリップ
  • 埋め込み

この記事をシェアするには埋め込みコードをコピーしてSNSやブログに貼り付けてください。

この記事のライター

植物生活編集部
植物生活編集部

「植物生活」とは花や植物を中心とした情報をお届けするメディアです。 「NOTHING BUT FLOWERS」をコンセプトに専門的な花や植物の育てかた、飾り方、フラワーアート情報、園芸情報、アレンジメント、おすすめ花屋さん情報などを発信します。

直近の記事

関連記事