植物生活編集部 植物生活編集部 2017/09/01

色をとことん楽しむブーケ


使っている花:アジサイ、アマランサス、タカノハススキ、クロコスミア(実)、カシワバアジサイ(葉)、ハーデンベルキア、アオツヅラフジ、ブラックベリー(葉)

とことんグリーン!

花が色々な様相を見せる、いい季節です!
茶色く色づいたカシワバアジサイの葉の姿にインスピレーションを得た
花束をご紹介します。
制作してくれたのは、岡山で「atelier LA NOTE MUETTE(アトリエ ラ ノット ミュエット)」
を主宰する、大澤英美さん。
カシワバアジサイの錆びたような赤茶色から黄緑、
淡い青へと滑らかに続くグラデーションが
秋を感じさせてくれます。
左はカシワバアジサイを主としたシックな茶色、右はアジサイのブルーグリーンをメインとした爽やかな顔。
右と左の表情の違いを楽しんで。
 




とことん朱色!


ケイトウの朱色が印象的なブーケ。
ベニスモモの緑や褐色が入り混じった葉色がビビットな色合いをうまくまとめてくれています。
左右に広がったスズバラの枝が、季節に合った渋さを加えて。



text&photo 月刊フローリスト 

教えてくれたフローリスト
大澤英美 
「atelier LA NOTE MUETTE」主宰。1999~2006年に渡仏し、atelier Vertumne、Flamant(Paris)にてフローリストとして勤務。
ホテルやブティックの定期装花ほか、シャトーウェディングやイベントのディスプレーなどに携わる。
帰国後はインテリアショップ TIME&STYLE MIDTOWN、同 ISETAN 店内のフラワースタイリング、インテリアグリーンを担当し、2009年からフリーランスフローリストとして活動開始。
空間+モノ+シチュエーションごとの花のしつらえの提案やレッスンなど、東京—岡山の二拠点で活動中。
 
アトリエ:atelier LA NOTE MUETTE(アトリエ ラ ノット ミュエット)
岡山県岡山市北区丸の内 2-10-5
ホームページ:http://www.lanotemuette.info/










  • すてき 1
  • クリップ
  • 埋め込み

この記事をシェアするには埋め込みコードをコピーしてSNSやブログに貼り付けてください。

この記事のライター

植物生活編集部
植物生活編集部

「植物生活」とは花や植物を中心とした情報をお届けするメディアです。 「NOTHING BUT FLOWERS」をコンセプトに専門的な花や植物の育てかた、飾り方、フラワーアート情報、園芸情報、アレンジメント、おすすめ花屋さん情報などを発信します。

直近の記事

関連記事