植物生活編集部 植物生活編集部 30ヶ月前

麗しのフレンチスタイル・ブーケ from L’Amour en Cage[神奈川]

フレンチスタイル十人十色

魅力的なフレンチスタイルのブーケをご紹介するこの企画。
 
今回は、店舗だけでなくギャラリーの装花から
フラワーレッスンまで多岐にわたって活躍されている、
パリスタイルのフローリスト外川りょう子さんがつくる
フレンチスタイルのブーケをご紹介いたします。
 

庭先に咲く花をさっと摘んで生けたように

花の頭を揃えてブーケの表面をフラットに仕上げる、
「テット・ア・テット」というフレンチスタイルでコンパクトに。
パリの落ち着いた石造りの町並みに溶け込むような、
マットな質感の季節の花を集め、
艶のあるホルデューム・ジュバタムで動きと変化を出しました。
モルセラの葉は少し多めに残すことで、よりナチュラルな印象に。
生けたときに、横から見ても美しく見えることを意識して束ねています。
 
 

Flower & Green

○ ニゲラ
○ セリンセ
○ ホルデューム・ジュバタム
○ モルセラ
 
 

野や森の風景を切り取り風が通り抜けるイメージで

初夏の自然風景を、室内に取り込んだ雰囲気のシャンペトルブーケ。
花を飾るレストランの、素朴でナチュラルな雰囲気に合わせて制作された作品です。
作為的に見えないように花数は抑え、
色はグリーンをメインにその濃淡で変化をつけています。
枝物は入れずに軽やかに仕上げ、
そよぐ風に揺れるような雰囲気に。
日差しが当たるとスモークグラスがキラキラと輝き、
森に降り注ぐ木漏れ日の印象を作り出します。
 
 

Flower & Green

○ カラー
○ ビバーナム・スノーボール
○ コデマリ
○ スモークグラス
 

text & photo 月刊フローリスト 撮影 / 佐藤和恵
 
教えてくれたフローリスト
名前:外川 りょう子  
プロフィール:神奈川県在住のパリスタイル・フローリスト。屋号はフランス語で「ホオズキ」の意。おもに店舗・オフィス向けの定期装花、イベント装花、オーダーメイドのギフトフラワー制作を行う。現在「ベッドギャラリーASLEEP横浜」の定期装花担当。下記に記載したレッスン会場にて、初心者からプロを対象としたパリスタイルのフラワーレッスンを行う。
アトリエ:L’Amour en Cage(ラムール・アン・カージュ)
 
ホームページ:http://www.laec-fleuriste.com/
 
 

 

  • すてき 0
  • クリップ
  • 埋め込み

この記事をシェアするには埋め込みコードをコピーしてSNSやブログに貼り付けてください。

この記事のライター

植物生活編集部
植物生活編集部

「植物生活」とは花や植物を中心とした情報をお届けするメディアです。 「NOTHING BUT FLOWERS」をコンセプトに専門的な花や植物の育てかた、飾り方、フラワーアート情報、園芸情報、アレンジメント、おすすめ花屋さん情報などを発信します。

直近の記事

関連記事